■おしらせ/2019.08.16■ ゑもんレポート「4つのシリーズ」別の新着記事は【サイトマップ】からどうぞ。

プット・バック・スプレッド

【プット・バック・スプレッド】のタグ付け記事一覧

Lv0088【必見!利食い失敗パターン、プット・バック・スプレッドvsプロテクティブ・プット比較(世界同時株安2019.08)】-42,000円
Lv0087【波乱の1908SQ週か、プット・バック・スプレッドからの……】+46,000円
Lv0081【知らなきゃ損!SQ直前×低IV×リバース・プット・カレンダー・スプレッド】+102,000円
Lv0079【暴落で爆益?クズOP職人に学ぶプット・バック・スプレッドの真価】+75,000 JPY
Lv0077【ボラティリティ・トレード的には大負け、カバード・プット失敗のパターン】+27,000 JPY
Lv0075【プット・バック・スプレッドとミニ売りが絡むオプションスプレッド戦略を駆使して下落相場を凌ぐ1つの方法】+305,000 JPY
Ep0009【オプション取引入門(2)デルタ~オプションの世界へようこそ~超簡単に必須グリークを解説】
Lv0067【プロテクティブ・コールはテストをあえて適当に流す隠れ優等生】 +63,000 JPY
Lv0066【(ドイツショック)プット・バック・スプレッドからのカバード・プット】 +102,000 JPY
Ep0007【日経平均先物を買うかコールを買うかプットを売るかーオプション取引】
Lv0061【「コール・レシオ・スプレッドは安全」はウソ、典型的な即死ポジション】+55,000 JPY
Lv0060【プット・バック・スプレッドで米国三連休前のプット盛りを狙うも盛らず】+30,000 JPY
Lv0056 [FOMC剥げをカバード・プットで狙う] +130,000円
Lv0049【プロテクティブ・プット/ダウ+1086ドル史上最大上昇(幅】+40,000円
Lv0044【プロテクティブ・コール/NY夜間大引け日経先物21000円】+71,000円
Sc0003【スマイルキャッチャーsc0.64.rdx/ポジション入力方法】
Lv0040【カバード・プット/G20米中首脳会談通過イベントプレイ】+242,000円
Lv0039【コール・バック・スプレッド/二番底を狙う】+92,000円
Lv0034【プット・バック・スプレッド/NSデイトレ・米中間選挙2018開票速報ザラ場直撃イベント】+50,000円(スマイルキャッチャーシミュレーション)
Lv0026【プット・バック・スプレッドで暴落を凌ぐ1つの方法(第4幕)】+924,000円
Lv0025【世界同時株安は終わっていなかった/プット・バック・スプレッドとプロテクティブ・プット(第3幕)】+924,000円
Lv0024【プット・バック・スプレッドで世界同時株安を凌ぐ1つの方法(第2幕)】+924,000円
Lv0023【skewの変化を見ていると……プット・バック・スプレッドを組むタイミングを解説(第1幕)】+924,000円
Lv0001【失敗しないカバード・コール、ギルドの訓えから学ぶ日銀イベントプレイ戦略】+117,000 JPY

【プット・バック・スプレッド】のカテゴリー記事一覧

プット・バック・スプレッド

Lv0088【必見!利食い失敗パターン、プット・バック・スプレッドvsプロテクティブ・プット比較(世界同時株安2019.08)】-42,000円

今回のレポートは前号のレポートの続き。オプション取引の小難しさを感じるレポートだ。 前号のレポートはこちらから。 ポジションは前号よりストライクをFOTMにずらした「プロテクティブ・プット」を再エントリーしたものとなる。含み益を抱えることに成功するものの、結果的に返済オペレー...【つづきを読む】
2019.08.21
プット・バック・スプレッド

Lv0087【波乱の1908SQ週か、プット・バック・スプレッドからの……】+46,000円

今回は「パウエル(再)ショック」と「対中関税第4弾ショック」となったイベント週明けの月曜日。東京市場の前場に「プット・バック・スプレッド」を組んだレポートとなる。この日の中国元は対ドル防衛ライン 7元を突破し、「人民元安ショック」となった。 激動の先週のマーケットの様子は、前号のレポートを参考にしていただ...【つづきを読む】
2019.08.08
プット・バック・スプレッド

Lv0079【暴落で爆益?クズOP職人に学ぶプット・バック・スプレッドの真価】+75,000 JPY

暴落 = プット・バック・スプレッド、と脊髄反射してはいないだろうか。今回はそんな思い込みを180度変えるレポート。 2013年のある日、※「ギルド集会所」での会話。クズOP職人であるギルドの始祖(お師匠さま)が言った。 「プット・バック・スプレッド は、そこらの暴落では儲からないですね。」...【つづきを読む】
2019.07.17
プット・バック・スプレッド

Lv0075【プット・バック・スプレッドとミニ売りが絡むオプションスプレッド戦略を駆使して下落相場を凌ぐ1つの方法】+305,000 JPY

今回のストーリーは「ミニ売り」を軸に、 プロテクティブ・コール プット・バック・スプレッド (ロング・ストラングル) カバード・プット プット裸買い と、オプション玉の出し入れによって合成ポジションが変化していく、軽い操作系のレポートを書くことができた。 基本的にわ...【つづきを読む】
2019.08.21
プット・バック・スプレッド

Lv0066【(ドイツショック)プット・バック・スプレッドからのカバード・プット】 +102,000 JPY

"失敗したトレーダーのほとんどは自惚れており間違ったことを認める事ができない。経験が浅いうちは自分の間違えを進んで認める事が出来るが、だんだんそうできなくなる。また損を心配しすぎるあまり失敗する人もいる"≪ブライアン・ゲルバー≫ 2019.03.22(金)21:20 プット・バック・スプレッド 欧州市場午前 ...【つづきを読む】
2019.07.17
プット・バック・スプレッド

Lv0060【プット・バック・スプレッドで米国三連休前のプット盛りを狙うも盛らず】+30,000 JPY

今回のレポートはボツ稿にするつもりだったが、反面教師にしていただければと思いアップすることにした。トレード的にはすこぶる低品質なレポートになってしまったが、リアルなところでもあるのでそこはご容赦いただければと思う。 2019.02.15(金)13:50 プット・バック・スプレッド エントリー 東京市場午後。昨晩...【つづきを読む】
2019.07.17
プット・バック・スプレッド

Lv0034【プット・バック・スプレッド/NSデイトレ・米中間選挙2018開票速報ザラ場直撃イベント】+50,000円(スマイルキャッチャーシミュレーション)

「イベントプレイ」と言えば「プット・バック・スプレッド」。古典的ではあるが、オプションを使った「ボラティリティ・トレード」の鉄板ともいえる技を見ていこう。 2018.11.06(火)19:15 プット・バック・スプレッドのエントリー(シミュレーション) ちょうどギルド集会所(skype)で話が出たので、...【つづきを読む】
2019.07.17
プット・バック・スプレッド

Lv0025【世界同時株安は終わっていなかった/プット・バック・スプレッドとプロテクティブ・プット(第3幕)】+924,000円

第二幕の続き…… 2018.10.11(木)9:20 一部返済 資金管理の一環でプット裸買いを一部返済しコスト回収。 1811P200@4枚25.00円 → 71.00円 返済コスト+184,000 損益合計+24,000
2019.08.08
プット・バック・スプレッド

Lv0024【プット・バック・スプレッドで世界同時株安を凌ぐ1つの方法(第2幕)】+924,000円

第一幕の続き…… 2018.10.9(火) 15:05 経過 大引け、日中はほとんど動きがなかった。上昇トレンドが一服した今、再び東京市場の主体性はなくなった。先物の動きはなかったがIVは期近のプットが大きく剥げた。これは何を意味しているのか。 ...【つづきを読む】
2019.08.08
プット・バック・スプレッド

Lv0023【skewの変化を見ていると……プット・バック・スプレッドを組むタイミングを解説(第1幕)】+924,000円

今回のレポートは世界同時株安の局面で七転八倒している様子がうかがえる。単純に暴落=「プット・バック・スプレッド」とはいかない難しさをご覧いただき、今後のトレードの参考にしていただければと思う。 2018.10.6(土)01:15 プット・バック・スプレッド 今週は月火ダマし上げ・水木...【つづきを読む】
2019.08.08