■おしらせ/2019.08.16■ ゑもんレポート「4つのシリーズ」別の新着記事は【サイトマップ】からどうぞ。

Lv0075【プット・バック・スプレッドとミニ売りが絡むオプションスプレッド戦略を駆使して下落相場を凌ぐ1つの方法】+305,000 JPY

この記事は約8分で読めます。
 
Dogezaemon Uenoharaをフォローする
スポンサーリンク

今回のストーリーは「」を軸に、

と、オプション玉の出し入れによって合成ポジションが変化していく、軽い操作系のレポートを書くことができた。

 

基本的にわたしの場合は特定のスプレッドを組んで・閉じる(全返済して一旦完結させる)、いわゆる単発スプレッドが多い。今回のように玉の組み換えをガチャガチャとするとき、大抵は当初の思惑を外しウマくいっていないとき。

 

言ってしまえば、外れたアテをリカバーしようとジタバタしているということ。今回のように結果的にウマく立ち回ることができる場合もあるが、かえって傷口を広げることもある。良くも悪くもオプション取引の参考にしていただければと思う。

 

スポンサーリンク

2019.05.28(火)23:35 プロテクティブ・コール NYタイム午前

■L75-h01-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h01-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

昨日から今日の日中まで完全に無風だった日経平均先物。NSに入り少し微妙な雰囲気に変わってきたようだ。NYタイムがオープンして1時間ほど経過し一時プラス140ドルあったダウは上げ幅縮小。「」をエントリーしておこう。

 

2019.05.29(水)09:25 プット・バック・スプレッド 東京市場オープン

■L75-h02-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h02-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

水曜日の東京市場がオープン。日経平均先物は21000円を割れてきた。昨晩のダウは-240ドルのー1%、VIXは17.50ポイント。

 

。ホールド中の「」に、「」を追加。今のところ寝ているプットの(skewの)立ち上がりを取りに行きます。NSには立ってくるのではないだろうか。

 

」 + 「」の合成スプレッドを再分解すると、FOTMの「」 + NTM(ニア・ザ・マネー)の「」とも言える。

 

2019.05.29(水)23:25 NYタイム午前

■L75-h03-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h03-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

NYがオープンして1時間経過したがNSはオープンから動きが止まり、プット・コール共にIV急落。日経平均先物の方向性は間違えていないと思うが、どうやらボラティリティの読みが甘かったようだ。これから動きが出てくるのかもしれないが、読みが外れたのは事実。

 

賞味期限が切れる前に「」+「」を外していこう。

 

2019.05.29(水)23:45 ミニ売り NYタイム午前

■L75-h04-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h04-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

」+「」を解体し、ポジションは「」のみとなった。ここからNYタイムの動向を見ながら再度スプレッドを組み直していこう。

1906P20500 @-1qty 150.00 JPY -> close 160.00 JPY (-10,000 JPY)
1906P22000 @+5qty 28.00 JPY -> close 13.00 JPY (-75,000 JPY)
1906P19000 @+8qty 15.00 JPY -> close 15.00 JPY (+0 JPY)
This profit and loss -85,000 JPY
Total profit and loss -85,000 JPY

 

2019.05.30(木)01:00 カバード・プット NYランチタイム

■L75-h06-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h06-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

上のIV推移の画像の通り、先にロング・スプレッドを解体した直後にIVは急反発し全戻し。タイミングが合わずボラティリティの波から振り落とされた。全く乗れない。うーむ。

 

ダウは一旦のセリング・クライマックスっぽいブン投げが入ると急落し、25000円割れの-400ドル-1.5%超まで突っ込んだ。VIXは18ポイント後半まで上昇。セリング・クライマックスっぽい、というのは「」したから。

 

・セリング・クライマックスを検知

日経平均先物もダウのセリング・クライマックスっぽい動きに連動しドカッと急落。前号のレポートにも書いたが、セリング・クライマックスの裏付けとして、日経平均先物の安値更新局面からプットIVが再び剥げ始めている。過信はできないが、オプション取引で使う短期的な時間軸ではかなり精度が高い。これを通称「」。

 

ポジションはホールド中の「」に、盛り直したプット売玉を追加して「」へ。オプション・ショートに転じます。

 

前号のレポートも合わせて参考にしていただければと思う。

そこで精度を高める、ちょっとした「コツやテクニック」を一つ。

 

それは「日経平均先物が新安値を更新しそう、もしくは更新していく局面にもかかわらず」、という条件を付加して「プットが盛りのピークを付け剥げ始めたとき」を観察するというものだ。

 

ようするに「先物とプットIVの逆行」だ。先物が新安値を付けるか付けないかというときに、盛ってきたプットが剥げ始めるという逆行が見られたとき、既にセリング・クライマックスは終わった可能性がある。

Lv0074【カバード・プットの鉄板エントリーのタイミングとは?精度を高めるコツやテクニック】+177,000 JPY
2018年の年末までレポート内で「いつものアレ」というと「プロテクティブ・コール」のことを指していた。しかし今は「カバード・プット」となりつつある。 どちらも「ミニ売り」が入るスプレッドという意味では同型の戦略だが、「プロテクティブ・コール」はガンマ・ベガ・ロング(オプション・ロング)、「カバード・プット...【つづきを読む】

 

2019.05.30(木)15:00 東京市場クローズ

■L75-h07-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h07-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

今日の東京市場は小動きのままクローズ。ポジションは「」をホールド。

 

2019.05.31(金)14:20 東京市場午後

■L75-h08-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h08-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

昨晩のNY市場は静かだったが、東京市場オープン前にメキシコに対する関税のトランプツイートが伝わると雰囲気は一転。寄り付き下窓でスタートし、この時間になって前場の安値を更新してきている。

 

ドル円は119円割れ、落ち着いていた米長期金利も低下し債券高、IVもしっかり上昇してきている。いろいろ怪しい雰囲気なので、ここでプット売玉は外してしまおう。

 

2019.05.31(金)14:20 プット売返済

■L75-h09-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h09-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

プット売玉を返済し、ポジションは再びミニ売りのみに。このマーケットの流れはNSも続くのか、様子を見ていこう。

1906P20000 @-3qty 105.00 JPY -> close 115.00 JPY (-30,000 JPY)
This profit and loss -30,000 JPY
Total profit and loss -115,000 JPY

 

2019.05.31(金)14:55 プット裸買い 東京市場クローズ

■L75-h010-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h010-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

いやーこれは「」きてるかもしれない。5月最後の日にこれだ。

 

NSのFOTMプットの吹き上がりに備えて、いまだ反応していないFOTMプットを裸買い。ポジションは「」+「」。スプレッドではなく、デルタ・ショート+FOTMプットのボラ買いのポジション。

 

」を入れるのがこの場合の正しい対応だと思うが、売玉はあえて入れずにFOTMプット買いのみ建玉。軽く勝負ポジションっぽくなってしまった。

 

2019.05.31(金)21:35 欧州市場午後

■L75-h011-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h011-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

NSは寄りから一段安。ポジションは「」+「」をホールド。あと1時間ほどでNY市場がオープンするが、様子を見ながら状況次第でポジションをイジっていこう。VIXは19ポイント台に乗せてきた。

 

・プット・バック・スプレッド成功の形

■L75-h011-03プット・バック・スプレッド」大勝利の形

スマイルカーブはATMは前日比(日中大引け比)変わらず、FOTMプットは1%超まで盛ってきた。キレイな「」成功の形。

 

ようするに、寝ているスマイルカーブのskewが立ってきた様子がコレ。このskewの立ちを取りに行くのが「」。逆にskewの寝を取りに行くのが「」。「」は少なくともスマイルカーブを観察していないとわからない。

 

2019.06.01(土)01:50 NY市場ランチタイム

■L75-h12-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h12-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

プット・コール共にIVは大きく「」。週末とはいえ、この「」っぷりは予想できなかった。リバウンド時の剥げ方とも違う。なんだろう、コレ。

 

このマーケットの状況でなぜここまで剥げ散らかる始末となっているのか、合理的な説明はできないが、こうなった以上ポジションを引っ張ることはできない。返済していこう。

 

2019.06.01(土)03:10 全返済

随分とポジションを萎ませてしまったが全返済。さあ次のチャンスに備えていこう。

1906M @-5qty 21160.00 -> close 20440.00 (+360,000 JPY)
1906P18500 @+20qty 11.00 JPY -> close 14.00 JPY (+60,000 JPY)
This profit and loss +420,000 JPY
Total profit and loss +305,000 JPY