カバード・プット

カバード・プット

Lv0078【カバード・プットと一晩過ごして分かったこととは?】+25,000 JPY

ここ最近「カバード・プット」を多用してきたが、今週のリバウンド局面で期近プットの剥げもだいぶ進んでおり、どうもリスクにリターンが見合わなくなってきた。トレードに対する考え方は人それぞれだが、損益曲線が線形ではない取引をやっている以上、「勝てば何でも良い」という訳にもいかない事情があるのだ。 いずれまた「カ...【つづきを読む】
2019.06.17
カバード・プット

Lv0077【ボラティリティ・トレード的には大負け、カバード・プット失敗のパターン】+27,000 JPY

ここ最近、絶好調のスプレッドであった「カバード・プット」だが、今回は失敗パターンをレポートすることになった。重要なシーンで大局を見誤った結果、本来取るべきスプレッドと真逆のスプレッドを組んでしまったのだ。ぜひこのレポートを反面教師として活用していただければと思う。 それでは「ろくでもない」トレード記録を見...【つづきを読む】
2019.06.15
カバード・プット

Lv0076【カバード・プットで急落後のプット剥げからデイトレ的に利益を取る】+28,000 JPY

今回は週足-750円をこなした翌週の月曜NSから「カバード・プット」を入れ、安値持ち合い局面で盛り残っているプットの剥げを「デイトレ」的に抜いたレポートだ。 この局面でオプション・ショートはあまり良い手だとは思わないが、しっかり盛った後なので再度下落トレンドに復帰するまでは利益を取りやすく、また悪手化しに...【つづきを読む】
プット・バック・スプレッド

Lv0075【プット・バック・スプレッドとミニ売りが絡むオプションスプレッド戦略を駆使して下落相場を凌ぐ1つの方法】+305,000 JPY

今回のストーリーは「ミニ売り」を軸に、 プロテクティブ・コール プット・バック・スプレッド (ロング・ストラングル) カバード・プット プット裸買い と、オプション玉の出し入れによって合成ポジションが変化していく、軽い操作系のレポートを書くことができた。 基本的にわ...【つづきを読む】
カバード・プット

Lv0074【カバード・プットの鉄板エントリーのタイミングとは?精度を高めるコツやテクニック】+177,000 JPY

2018年の年末までレポート内で「いつものアレ」というと「プロテクティブ・コール」のことを指していた。しかし今は「カバード・プット」となりつつある。 どちらも「ミニ売り」が入るスプレッドという意味では同型の戦略だが、「プロテクティブ・コール」はガンマ・ベガ・ロング(オプション・ロング)、「カバード・プット...【つづきを読む】
2019.05.25
カバード・プット

Lv0073【カバード・プットでメンタル消耗、米中貿易戦争の再燃と激化】 +141,000 JPY

"分散投資なんて信じられんな。人間もワインも、どれも同じように好きになったりしないだろ。それなら何でいろんなポートフォリオを同じような大きさに切って、いろんなポジションを、なんてことやってるんだ?レバレッジをかけてものすごく気に入ったポジションをでっかく持つんだよ、それ以外は全部練習みたいなもんだ"≪ピーター大帝≫ ...【つづきを読む】
2019.06.20
カバード・プット

Lv0071【カバード・プットと再会しセータを抜く日々を漫然と過ごしていたら10連休前日になっていた】+165,000 JPY

"典型的な近視眼的トレーダーの例。買いのタイミングばかりを気にしていて、いつ、どんな形でそのポジションを閉じるのか、リスクはどのようにコントロールするのか、などといった重大な問題を見落としているトレーダー"≪ジャック・D・シュワッガー≫ 2019.04.16(火)12:15 カバード・プット 東京市場ランチタ...【つづきを読む】
2019.06.20