🔴オプショントレードはコレを見ないと始まらない!日経225オプションIV「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Lv0174【カバード・プット|このときわたしは今年最大のミスを起こしていた】+23,000円

 
ゑもん。をフォローする
カバード・プット
この記事は約9分で読めます。

前号のレポート()につづき「」。前号のレポートは以下からどうぞ。

 

Lv0173【プロテクティブ・プット|7月FOMCを控えた東京市場で短期トレード】+18,000円
今回のレポートは「FOMC」を控えた東京市場で短期トレード(イベントプレイ)を行ったもの。 低ボラティリティのやりにくい(わたしにとっては)相場が続いているが、焦って相場に入り返り討ちに……

 

それではオプション・トレード()の現場の様子を詳しく見ていこう。

 

スポンサーリンク

2020.07.30(木)03:20 カバード・プット NY市場午後

 

■L174-h01-01先物オプションポジション

■L174-h01-02IVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

水曜日(明けて木曜日)のNY市場午後。マーケットは先ほど「」を通過。この後にFRB議長会見が控えている。

 

前号のレポートのつづき。日中に返済した「」のつづきの「」、「」をエントリー。イベント盛りからの「」通過による剥げを取りに行こう。

 

 

水曜NY午後、まもなく # 。この時間の先物は微上げ+120円高、IVは上げのP微盛りC微剥げ。Pは微盛りといっても期先は全微剥げなので、これはイベント警戒盛りと思われる。会見通過後~明日東京の剥げ散らかりに注意

 

以下、ギルド集会所より。

 

■L174-h01-03ギルド集会所

 

fool 22:18

何で盛ってるのかと思ったら、fomcでしたね。

私はバックのシミュレーションで利益が出てました

イベントで盛ったら、イベント通過後に剥げる…だったような

 

Emon 22:27

盛ってきたなら剥げますが、サプライズがあると更に盛ることも。FOMCの場合は会見がメインです。会見は27:30~1時間以上続きますので終わるまで何が出るか油断できないです(とくにパウエル議長は)

 

スポンサーリンク

2020.07.30(木)18:55 欧州市場午前

 

■L174-h02-01先物オプションポジション

■L174-h02-02IVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

木曜日の欧州市場午前、NS寄り付きから-100円のギャップダウン。この時間の先物は22000円手前で止まってからの小反発。怪しい雰囲気ではあるが、とりあえず「」をホールドしていこう。

 

時系列が前後して申し訳ないが、この日の日中の市況は以下のツイートの通り。

 

 

# 明け木曜東京オープン。先物+100円と動きナシ。IVはイベントを通過したことで昨日のイベント盛り分の巻き戻し。OTMプットを中心に-1%超の剥げ。ATMは17%台まで低下。期先は全剥げ。

 

 

木曜東京クローズ。日中の先物はジリ安基調で終わったが昨晩にFOMCを通過したことでATM剥げFOTM盛りのV型。朝寄り後(前ツイート)とは変化が出てきた。この流れがNSも継続するか確認していきたい

 

スポンサーリンク

2020.07.31(金)09:25 東京市場オープン

 

■L174-h03-01先物オプションポジション

■L174-h03-02IVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

金曜日の東京市場オープン。それではポジションを返済していこう。

 

以下は一時22000円割れを見た昨晩の様子の振り返り。まず昨晩の市況は以下のツイートから。

 

 

木曜NS欧州午後。NSは寄付-100円スタートから22000円割れ目前まで迫り、現在は22100円前後で揉合。IVは期近・期先共に1%を超える全盛り、特にOTMコールが強い。このあとNY市場の先物の動向次第でIVは更に盛る可能性も。

 

 

稲毛@inage20141104氏 トランプ発言を受けてダウは暴落、日経も22,000円割れVIXは大きく上昇 #日経【恐怖指数VIX】+14.73%

 

そして以下はギルド集会所より。

 

■L174-h03-03ギルド集会所

 

ほむほむ 22:00

22050割れました!

 

ZIMA 22:05

もうちょっとしっかり割れて欲しいですね

 

Emon 22:09

ここに21925ってヒゲがいるんですよね。21900割れがいよいよギャーなりそう

 

ZIMA 22:21

自分は出来高で水平線を引いてるのだけど、だいたい同じ21950に引いてありました。

やっぱりこの辺大切ですね

 

Toki 22:54

そうなんですよね、動意付いてきてそこらへんも割ればもうお祭りスイッチ入るかなと

 

ほむほむ 22:55

ダウ26000も節目ですね。

 

Toki 22:55

SPXもDJIもどっちもクリティカルな形してます

緩和長期化も裏を返せば長期景気低迷が見えてるってことなんで解釈次第と思ってます

そんな感じで日経とかが記事書きそうな気がするw

 

Kaz 00:14

やはり22000は一度は跳ね返されますか

禿げてきたし利益になったので撤収しましたが

久々にオプションロングで勝負できる展開でワクワクしますね

また割り込みそうになったらチャレンジします

 

ZIMA 00:30

自分も(プロテクティブ・プットを)撤退しました。21950付近で利確しておけば、プラス五万位でしたが、再度下がるのを待ってたら最終利益はプラス2万ちょいです。いつもながら利確難しいけど、久しぶりにワクワクできたので良かったです。

ちなみに、P20750 2枚、ミニ1枚のボシでした

 

Emon 00:35

おめです。素晴らしいです

慎重にタイミングを選んでエントリー、今回は爆竹レベルでもそのうち大爆発するときがやってくるのでもう勝ち確みたいなもんですね

よって、負けなければ勝ち、です

 

スポンサーリンク

今回は猛反省

 

このときわたしは今年最大のミス(規律違反)を起こしていた。風化しないように記録しておこう。

 

わたしはホールド2日目の(オプション・ショートの)「」でご覧の(+22,000円)評価。一方、上のギルド集会所の会話にあるようにIV盛りのタイミングを逃さず(オプション・ロングの)「」を組み、良いところでサッと勝ち逃げをしたKaz氏とZIMA氏の報告。

 

時間や資金効率、なによりもリスク効率、オプション取引においてどちらが望ましいトレードかと聞かれれば、わたしなら間違えなく両氏の行ったオプション・ロングの取引だと答えるだろう。そしてわたしの得意とするトレードでもある。

 

しかし頭でそう理解していても、今回のわたしの行動は伴っていなかった

 

わたしもNS寄り付きで-100円の下窓を見たときに「あれ?」と感じた。その場で「」を返済し「」に「」することもできた。そして前項の(18:55の)コメントからも分かるように、その後でもいくらでも「」するチャンスはあった。しかしそれをせず「」を放置した。

 

なぜ放置したのか?「どうせ22000円前後で止まるだろう」と安易に、いや都合良く考えたからだ。そのとき「」の含み益が消失しかけており今後ポジションに有利な展開となることを「希望」したのだ。オプション・ショートを握りしめたまま「希望」にすがるとは、あまりにもお粗末。正直、自分でも信じられない。

 

「あれ?」と感じたら即返済、オプション・ショート「鉄の掟」。今までに自分で何度もレポートに書いてきたにも関わらず「鉄の掟」を守らなかった今回は「」だ。いや今回助かったのはタマタマで、次は吹き飛ぶかもしれない。

 

1か月目だろうが10年選手だろう関係なく、油断すればあっという間に持って行かれるのがこの世界。緩んだマーケットに同期し規律まで緩んでいるので、この期に締め直していこう。

 

Lv0124【カバード・プット|違和感を感じたら即返済、オプション・ショート「鉄の掟」】+105,000円(2/2幕)
前号のつづき。 2020.02.17(月)15:00 東京市場クローズ 東京市場がクローズ。先物は中国市場の謎上げに釣れられて朝寄り後を安値……

 

スポンサーリンク

2020.07.31(金)09:40 全返済

 

■L174-h04-01先物オプションポジション

■L174-h04-02IVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

全返済。次のタイミングを狙っていこう。

 

2009M @-1枚 22480.00円 → 返済 22040.00円 (+44,000円)

2008P19500 @-3枚 19.00円 → 返済 26.00円 (-21,000円)

今回確定損益 +23,000円

合計確定損益 +23,000円

 

その後の追跡~東京市場クローズまで

 

東京市場は-650円安でクローズ。「」を返済してから更に300円の下落。たまたまプットIV()は盛らなかったが相場の行方は誰にも分からないものなので、ポジションの評価に苦しんでいるときこそ「希望」にはすがってはならないと思う。今勝ちたいのではなく、長期的に勝ちたいのだから。

 

 

金曜東京オープン。激アツ到来かもしれない。昨晩NSの先物22000円割れの局面ではOTMで3%前後まで大盛りする場面もあった。明けて東京も軟調、この時間再び22000円割れを試している。今のところプットIVの盛り返しは弱く、再び大盛りが見られるか注目。

 

 

金曜東京クローズ。先物-650円の-2%超、500円を超える日足陰線は6/16以来。日中の期近IVは「P剥げC盛り型」と全盛りした昨晩とは異なる反応。期先IVは変わらず全盛り。為替は104円割れを目指す展開。IV爆発への道筋が整いつつある金曜ナイトも目が離せない。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。以下の「関連レポート」も合わせてよろしくお願いいたします。ゑもんレポート内の「お探しもの」「4つのシリーズ」別の新着記事はサイトマップをご覧ください。ご意見・ご質問などはギルド集会所からお気軽にどうぞ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このレポートをシェアする
ゑもん。をフォローする
ゑもんレポート【日経225オプション取引戦略編】-ブログ版-