■オプショントレードはコレを見ないと始まらない!「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Lv0149【プロテクティブ・コール|(コロナショックDay22)リバウンド局面入り】+44,000円

 
ゑもん。をフォローする
プロテクティブ・コール
この記事は約4分で読めます。

激動のコロナショックに揺れるマーケットは3週間目にしてようやくリバウンド局面に入った。それではオプション・トレードの現場の様子を詳しく見ていこう。

 

スポンサーリンク

2020.03.24(火)02:50 プロテクティブ・コール NY市場午後

 

■L149-h01-01先物オプションポジション

■L149-h01-02IVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

三「」明けの月曜日のNY市場。日中からのマーケットを見ていると、どうも相場が強い。FRBがQE4をアナウンスしたこともあるのだろが、だいぶ下値警戒が薄れてきたように思える。それでも先物が急落していけばIVも盛るのだろうが、下値ではすかさず強烈な買いが入ってくる印象。これではIV盛りも中途半端に終わってしまう

 

このような明確な「」が見られるので、今までのような「」をイケイケどんどんで入れていくのはいささかリスキーな状況となってきた。「」で「」の「」を取ってみると良くわかると思うが、先週後半あたりから「下げない・盛らない」でなかなか苦戦しているはずだ。それは先週のいくつかのレポートからも見て取れる。

 

Lv0146【フルヘッジ・ベア・シンセティック|(コロナショックDay16-17)ダウ-3000ドル超、史上最大下落幅更新】+84,000円
昨晩のダウは-3000ドル超、史上最大の下落幅を更新した。昨晩でマーケットの流れが変わったかもしれないので「環境の変化」には十分に気を付けていこう。 それではオプション・トレードの現場の……

 

Lv0147【プロP→ベアシン→プロP|(コロナショックDay17-18)】+99,000円
今回のレポートは「プロテクティブ・プット」から「フルヘッジ・ベア・シンセティック」にスプレッドを組み替えていった内容のレポート(+単発プロテクティブ・プット)。 「フルヘッジ・ベア・シン……

 

こういうとき「」に気が付かずにこれまで儲かった手筋を同じように繰り返していると、今まで得た利益を吐き出してしまうばかりか、あっという間に損失の山ができてしまう。今までそれで何度も痛い目を見てきているわたしが言うのだから間違いない。1日2日くらいは何もしない日を作り、一旦冷静になってマーケットを見直す必要がある。

 

オプション売りで一発大損も手痛いが、大相場にうまく乗れて取引口座に一度入ってきたおカネを吐き出すのは、余程の真性ドMでない限り我慢できないほどの苦しみだ。だからレポートにも繰り返し書いてきているように」には本当にご用心。大相場だろうが何だろうが負けるくらいならヤラない方がまだマシなのだ。

 

で、どうすれば?NYタイムのこの時間、何度も跳ね返されている上値抵抗17500円付近を再度トライしてきたところで「」をエントリー。コールは剥げ推移となっており(プットは大剝げだが)ちょうど良いタイミングだ。リバウンド期待からか、プットよりもコールが強い今の相場にはこのスプレッドがしっくりくると思う。明日の日中に一段剥げるようなら、乗せていこう。

 

スポンサーリンク

2020.03.24(火)11:30 東京市場ランチタイム

 

■L149-h02-01先物オプションポジション

■L149-h02-02IVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

火曜日の東京市場前引け。「」のプット買@+1枚。「」のプラスに傾いたデルタをヘッジ。マーケットが下落に転じた時に生きてくる。デルタヘッジはする派としない派で賛否両論だが、わたしはその時々派だ。

 

この場合、本来ならデルタヘッジは「」で行うが、昨日からの楽観ムードからガッツリと剥げてくれたプットを(その方が面白そうなので)使っていこう。合成ポジションは「」+「プット買い」となった。「」+「」とも分解できる。

 

2020.03.24(火)15:05 東京市場クローズ

 

■L149-h03-01先物オプションポジション

■L149-h03-02IVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

東京市場クローズのこの時間、昨日話題になったサイダー疑惑と同様の雑な先物上げ。それでは返済していこう。

 

2020.03.24(火)15:10 全返済

 

■L149-h04-01先物オプションポジション

■L149-h04-02IVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

全返済。次のタイミングを狙っていこう。

 

2004C19500 @+2枚 105.00円 → 返済 200.00円 (+190,000円)

2006M @-2枚 17400.00円 → 返済 18080.00円 (-136,000円)

2004P15000 @+1枚 150.00円 → 返済 140.00円 (-10,000円)

今回確定損益 +44,000円

合計確定損益 +44,000円

スポンサーリンク
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。以下の「関連レポート」も合わせてよろしくお願いいたします。ゑもんレポート内の「お探しもの」「4つのシリーズ」別の新着記事はサイトマップをご覧ください。ご意見・ご質問などはギルド集会所からお気軽にどうぞ。
このレポートをシェアする
ゑもん。をフォローする
ゑもんレポート【日経225オプション取引戦略編】-ブログ版-