■おしらせ/2019.08.16■ ゑもんレポート「4つのシリーズ」別の新着記事は【サイトマップ】からどうぞ。

プロテクティブ・プット

プロテクティブ・プット

Lv0093【再び利食い大失敗!自信満々のプロテクティブ・プットだったが……】-57,000円

前号のレポートの続き。ここまでIVが敏感なマーケットは珍しい。レポートの前半部分は確信的に含み益を抱えることに成功。前半までは今のマーケットに有効なオプション・スプレッドの一つとして参考にしていただければと思う。 しかしレポートの後半は、含み益を抱えたポジションを返済せずに引っ張ったことで、利益を手にする...【つづきを読む】
プロテクティブ・プット

Lv0092【プロテクティブ・プットの超短期トレード、NY市場オープン時のIVの急騰を一撃離脱で狙う】+53,000円

前号のレポートの続き。簡単な短いレポートではあるが、ロング・スプレッドの取り方の一つとして参考にしていただければと思う。 それではオプション・トレードの現場の様子を詳しく見ていこう。 2019.08.14(水)20:40 プロテクティブ・プット 欧州市場ランチタイム ...【つづきを読む】
カバード・プット

Lv0091【カバード・プットで8月の不安定な劇場型マーケットを不安定に乗り切る】+155,000円

前号のレポートの続き。「プロテクティブ・プット」を返済し、「カバード・プット」に組み直した。それではオプション・トレードの現場の様子を詳しく見ていこう。 2019.08.07(水)23:15 カバード・プット NY市場午前 NY市場がオープンすると米10年債利回りが1.60%...【つづきを読む】
プロテクティブ・プット

Lv0090【プロテクティブ・プットでダウ急落‐600ドルを狙い撃つ、米10年物国債利回り1.6%割れ】+116,000円

先週から安値波乱のマーケットが継続しており値動きは神経質な展開。わたし的にはこのように活発な相場が続いてくれた方がやりやすい。短期的に返済を繰り返すのでトレード頻度も多くなる。今回も前号のレポートからの続き。 前号のレポートはこちらからどうぞ。 米10年物国債利回り要ウォ...【つづきを読む】
プット・バック・スプレッド

Lv0088【必見!利食い失敗パターン、プット・バック・スプレッドvsプロテクティブ・プット比較(世界同時株安2019.08)】-42,000円

今回のレポートは前号のレポートの続き。オプション取引の小難しさを感じるレポートだ。 前号のレポートはこちらから。 ポジションは前号よりストライクをFOTMにずらした「プロテクティブ・プット」を再エントリーしたものとなる。含み益を抱えることに成功するものの、結果的に返済オペレー...【つづきを読む】
2019.08.07
プット・バック・スプレッド

Lv0087【波乱の1908SQ週か、プット・バック・スプレッドからの……】+46,000円

今回は「パウエル(再)ショック」と「対中関税第4弾ショック」となったイベント週明けの月曜日。東京市場の前場に「プット・バック・スプレッド」を組んだレポートとなる。この日の中国元は対ドル防衛ライン 7元を突破し、「人民元安ショック」となった。 激動の先週のマーケットの様子は、前号のレポートを参考にしていただ...【つづきを読む】
2019.08.08
プロテクティブ・プット

Lv0085【プロテクティブ・プット、BOJイベントプレイ前段ポジション】+28,000円

今回は「BOJ・イベントプレイ」の前段ポジションとして「プロテクティブ・プット」を組んだレポート。一晩ホールドしただけの短いレポートとなるが、定期的に使えるオプション戦略なので今後の「イベントプレイ」の参考にしていただければと思う。 (参考記事) それでは現場の様子を詳しく見...【つづきを読む】
リバース・プット・カレンダー・スプレッド

Lv0081【知らなきゃ損!SQ直前×低IV×リバース・プット・カレンダー・スプレッド】+102,000円

SQ直前はセータがキツイのでオプション・ロングは勝てない。誰が言ったのかそんなヘタな思い込みは、今すぐトイレに流してしまおう。今回はあなたの知的好奇心・知的探求心をくすぐるかもしれないレポート。 先週(7月第1週)、IVはついに年初来安値を割り込み10%台まで低下、いよいよオプション・トレードには厳しい相...【つづきを読む】
2019.07.17
プロテクティブ・プット

Lv0080【G20大阪・米中首脳会談前夜のデイトレ的プロテクティブ・プット】+17,000円

今週の日経平均先物は、週末のG20及び米中首脳会談を控え21000円~21300円の狭いレンジ内での動きに終始している。双方からたびたびネガ・ポジ発言が飛び出し、思惑絡みの各社報道にも振らされる展開。注目度が高いのは分かるが手が出せない、といったのが正直な印象。この不安定感は4年半ぶりの低水準となっている売買代金に現れ...【つづきを読む】
2019.07.17
プット・バック・スプレッド

Lv0079【暴落で爆益?クズOP職人に学ぶプット・バック・スプレッドの真価】+75,000 JPY

暴落 = プット・バック・スプレッド、と脊髄反射してはいないだろうか。今回はそんな思い込みを180度変えるレポート。 2013年のある日、※「ギルド集会所」での会話。クズOP職人であるギルドの始祖(お師匠さま)が言った。 「プット・バック・スプレッド は、そこらの暴落では儲からないですね。」...【つづきを読む】
2019.07.17