■おしらせ/2019.09.10■ オプショントレードはコレを見ないと始まらない!「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Lv0037【カバード・プット/回転リレー米中間選挙2018(後編)】+267,000円

 
Dogezaemon Uenoharaをフォローする
この記事は約7分で読めます。

中編の続き……

 

Lv0036【カバード・プット/回転リレー米中間選挙2018(中編)】+267,000円
前編の続き……2018.11.01(木) 15:10 プット売玉一部返済東京市場はまさに「通信株ショック」。思わずナニコレ安いで-15%のドコモ(9437)を買ってしまった。だから通信株はまだまだ下がると思う。先物は約-300円安。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018.11.05(月) 14:25 経過

 

 

週明けの東京市場。ザラ場の値幅は200円程度と周囲の様子を伺いながらレンジ内を往復。今週は米中間選挙という超ビッグイベントを控えている。水曜日の東京市場寄り付き頃から開票が進み、ザラ場を直撃する予定。2年前のトランプが当選したときの大混乱が思い出される。

 

 

東京市場のザラ場時点ではプットの剥げ基調は変わらず。VIXは20ポイントを下回り19.5で引けている。

 


 

金曜日NYタイムの急落にビビってプット売玉を全返済をしてしまったが、後から見てみれば先物どん底・IVド天井で返済するという超絶大失態。また嫁さんに絶叫されるのか。「」のタグを作って、ささやかなレジスタンスの姿勢を示すことにしよう。このブログのサイドバーに実装しているタグクラウドは、タグ付けの記事数が増えれば増えるほど文字が濃く・大きくなる仕様だ。ポジションはホールド。

 

23:35 経過

 

 

冬時間に移行したNYがオープン。ナスダックはマイナススタートとなったがダウはプラス圏でスタート。

 

 

NYオープンに向けて盛ってきたIV、米中間選挙を間近に控え、今晩はどのような推移となるのか。最近軟調な展開がナスダックに注意したい。ポジションはホールド。

 

2018.11.06(火)00:25 新規プット売建て

 


 

1811P215@-2枚117.5円、新規プット売建て。ダウがマイ転したところでエントリー。デルタはロングへ傾けた。

 

15:10 経過

 

 

東京市場は今晩から明日の米中間選挙を控えて小動きだった。結果が出るのは明日のザラ場だ。

 

 

先物は小動きでもご覧の通りのIVは特盛。先物が堅調に推移していることと、やはり米中間選挙を意識しているのがわかる。どんな結果にせよ、イベントを通過さえすれば「」大剥げとなるだろう。

 


 

ポジションはホールド。デルタはニュートラルになってしまった。

 

 

」。期近IVは大盛りだが、期先IVは大した反応を見せていないことがわかる。期先には米中間選挙は関係ないからだ。

 

昨日のうちに「」を組んでおけばよかったが、昨日のNSからでも「」、もしくは「」を組んでおけば、SQ週の強いセータに勝り、利益が出ているに違いない。また米中間選挙が通過する前場のうちに逆符号の「」、もしくは「」を組めば、期近IVの大剥げが取れると思う。

 

今更「」で語ることほどのことでもないが、これらカレンダー系スプレッドは、盛りまたは剥げのIVの変動の大きさは 期近>期先 という限月間IVの変動特性を利用したスプレッドだ。限月間IVの変動特性をグリークスとBS式を引っ張り出して小難しく解説することもできるが、個人的にどうでも良いと思っているのでやめておこう。とにかく重要なのは、IVの変動の大きさは 期近>期先、ということ。と、

 

またカレンダー系スプレッドには同限月スプレッドにはない優位性があり、同時に思わぬ罠が潜んでいる。詳しくはいつかカレンダー系スプレッドを組んだ時にでも書こうと思う。

 

いつの間にかカレンダー系の話に脱線してしまったが、この局面では何と言っても王道、「」が有効ではないだろうか。この時の「」に関しては以下のリンクで「」を行っているので、ぜひ合わせてご覧いただければと思う。

 

Lv0034【プット・バック・スプレッド/NSデイトレ・米中間選挙2018開票速報ザラ場直撃イベント】+50,000円(スマイルキャッチャーシミュレーション)
「イベントプレイ」と言えば「プット・バック・スプレッド」。古典的ではあるが、オプションを使った「ボラティリティ・トレード」の鉄板ともいえる技を見ていこう。2018.11.06(火)19:15 プット・バック・スプレッドのエントリー(シミュレ

 

2018.11.07(水)05:10 経過

 

 

米中間選挙を控えて特に動きはない。狭いレンジ内での小動きに終始している。米国ではこの後8時から開票作業が始まる。大勢が判明するのは東京時間の後場か。

 

 

満期直前ということもありメガ盛りとなったIV。NS引け後から東京市場オープンまでの3時間半は空白となる魔の時間帯だ。VIXは19.91、2日連続で20ポイントを下回った。米中間選挙を通過した今晩も恐らく20ポイントを下回り、この度の「世界同時株安」は終息宣言となるのだろう。

 


 

ポジションはホールド。

 

09:05 プット売増玉

 

1812P207@-1枚220円、新規プット売り増玉。東京市場の寄り付き後、未だプレミアムが満タンに入っている期先のプットを売りニュートラルになったデルタをロングに調整。期先でもしっかりと「」剥げると思う。開票が進んでいるが、前日高値を上抜けそうな雰囲気。

 

14:45 経過

 

 

一大イベントが直撃した東京市場ザラ場も、まもなく大引け。結局、米中間選挙は上院は共和党、下院は民主党の多数、大方想定通りの「ねじれ」となった。先物は安値20085円~高値22435円まで350円の値幅を乱高下する迷惑な動き。チャートには長いヒゲが残っている。

 

と書いているうちになんか、中国の急落に引きずられているのか大引けに向けて謎の急落。安値を更新するかも。20000円で止まるかどうか。どうせ長い下ヒゲ作るのに、まったく大人だか大人アルゴだか本当に何をやっているのか、ガチャガチャとイジくり回して呆れますわ。

 

 

IVは夜間に最大盛ったところから見れば「」級の-10%前後の大剥げ。しかしこれも想定通り。

 


 

ポジションはホールド。

 

2018.11.08(木)00:50 経過

 

早いもので本日は11月SQ最終売買日。NYはプラス圏でスタートし、今のところ小動き。日経先物も目立った動きナシ。

 

 

ザラ場の大剥げの反動でIVは盛り返し。プットIVは先物の上昇は寄与。

 


 

ポジションはホールド。明日は最終売買日なのでザラ場には全返済する予定。今回はSQ持込は考えていない。

 

10:30 経過

 

 

11SQ最終売買日の東京市場は昨晩の米株高を引き継いで+450円高。寄り付きからは静か。特にコメントもない。中国次第で崩れそうにも見える。

 

 

ATMからドッサリ落ちる期近。こちらも特にコメントはない。

 


 

ポジションはホールド。

 

12:40 一部解体

 

後場に入るも動意なく小動き。安く返済買注文を出しておいた1812P207がラッキー約定したので、ミニ売りも外した。ポジションの「解体」開始。残りの11P215も1円で返済買注文中。大引けまでに約定しなければ、ふて腐れながら2円売りにぶつけよう。

 

1812M@-3枚20825.00円 → 返済22535.00円 ( -513,000円)

1812P20750@-1枚220.00円 → 返済105.00円 ( +115,000円)

返済コスト -398,000円

合計損益 +34,000円

 

13:00 全返済

 

大口さんがぶつけてくれて1円で約定した。どうもありがとう。全返済完了。しかしここまで長くミニ売りリレーすることになるとは思わなかった。、と言いつつもこうして後からレポートを編集していると、「あの時ああしておけば、こうしておけば」と色々とタラレバを考えるところもあり、これはこれで自分の勉強になっているのですよ。失敗は「」し、次に生かして1つづつLvを上げていきたいもの。

 

1811P21500@-2枚117.50円 → 返済1円 (+233,000円)

返済コスト +233,000円

合計損益 +267,000円

 

 

相変わらず小動きの東京市場。

 

 

IVの動きも止まったようだ。さあNSからは新限月、次の戦略を考えるとしよう。