■おしらせ/2019.09.10■ オプショントレードはコレを見ないと始まらない!「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Lv0040【カバード・プット/G20米中首脳会談通過イベントプレイ】+242,000円

 
Dogezaemon Uenoharaをフォローする
この記事は約5分で読めます。
“どの日を境に相場のトレンドが変わろうが、そんな事はどうでも良い。そもそもそんな事が分かろうはずもない” ≪ジェシー・リバモア≫

 

2018.11.30(金)03:00 カバード・プット エントリー

 

 

週末の米中首脳会談を控えて日経先物は日中から小動き。明日も神経質な展開になりそうだ。

 


 

今週はここまで連日のジワ盛り。特にプットが強い。本日NYタイムに入り、「」でも、ついに期近IVが期先IVを上回った。ATM~コールも盛ってはいるのだが、プットよりも弱いことから、期近skewは10月の世界同時株安と並ぶ水準まで立ってきた。

 


 

NY市場の盛ってくるタイミングを待ち、「」前提の「」を組んだ。「」だ。明日の1日で更に盛るなら1セットだけ乗せる予定。

 

今回はATMが十分に盛っていないために、いつものイベント通過仕様の「」は使うことができない。今週はATMが盛るのをひたすら待っていたのだが、どうもアウトしか盛る気がないようだ。いや週明けはATMから落ちるだろうから「」でも何とかなりそうだが、今回は条件不足なのでコワい。

 

しかしこれだけ盛っていれば週明けはイベント通過で「」大きく剥げるはず。既に市場は楽観ムードの反面、悪い結果で週明けを迎えることもプットの盛りが示している。このように警戒されているときは、結果に関わらずイベントを通過さえすればIVは剥げる。後は窓開け必至だろうから、そこはガンマとの綱引き。

 

15:05 経過

 

 

本日のザラ場は値幅150円程度の小動きで終わりそうだ。とりあえず今もっとも話題の13時フミアゲマート8028は売っておいた。16240S、ふぁみふぁみーま踏み上げまー♪

 

 

プットIVは盛り続けている。盛り過ぎ感がハンパないが、大人は本当に単純プット買いが好きですね。こんなに高いプットを買えるなんてお金持ち過ぎます。G20と米中首脳会談を目前に控えNSも注目。

 


 

ポジションはホールド。NSに更に盛るようならもう1セット乗せる予定。

 

21:55 カバード・プット 1セット増玉

 


 

NSも先物は静か。IVも引けから特に変化ナシ。

 


 

1セット増玉。ポジションはこのまま週越え。

 

2018.12.03(月)15:00 経過

 

 

週末のG20と米中首脳会談を通過。中国への新たな関税を年明けまで凍結する合意があり、上窓でスタートした東京市場。アジア株も堅調に推移。しかし米中で温度差があるようでダマし上げっぽい印象。米中間選挙の時と同じく、結果で売るパターンとなる可能性が濃厚に思える。いずれにせよ今晩の米市場の様子を見てみよう。

 

 

このようにイベント通過で大剥げとなります。プットFOTMだけが盛る残る毎度いつもの形。

 


 

デルタはショートに傾いているが、今日の上昇はダマし上げと読んでいるのでポジションはホールド。もし今晩も上昇するようなら評価がマイ転する前に返済する予定。

 

2018.12.04(火)13:40 経過

 

 

昨晩の米国市場はアジア・欧州市場に続き堅調で終えたものの、NY引け後の時間外で急落。本日の東京市場は寄り付きから軟調だったが、後場に入り下げを加速している。この時間になり-400円-2%を超えている。やはり昨日はダマし上げとなったようだ。

 

 

先物がジリ下げしていることから東京オープンからプットも剥げ推移となっていたが、後場に入り先物の下げが加速したことから盛り返し。コールは前日比プラスまで盛り返している。

 

 

」は正常に戻りつつあるが、skewは未だ立ち続けている。プットFOTMが強い。

 


 

ポジションはホールド。無調整でデルタ・ニュートラルまで引っ張ってくることに成功したので、間もなく全返済予定。

 

14:30 全返済

 

 

全返済完了。返済時にプットを外した後に先物が急落、ミニ返済が有利な方向に滑る事案発生。「」とはいえショートスプレッドの割には短期間で結果が出たので、良いトレードができたと思う。

 

1812M@-6枚22308.00円 → 返済22060.00円 (+149,000円)

1812P21500@-3枚120.00円 → 返済89.00 (+93,000円)

損益合計 +242,000円

 


 

この時間、日経先物は-600円-2.5%に迫る勢い。ここまで弱いのは日本市場のみで他のアジア市場は前日比付近で推移している。市場ではソフトバンクIPOの換金売りとも、米金利の逆イールド懸念とも、欧州懸念による海外勢の見切り売りとも言われ、情報は混乱している。