■おしらせ/2019.09.10■ オプショントレードはコレを見ないと始まらない!「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Lv0103【オプション・トレードまとめ|1910SQから月末BOJまで】+54,000円

 
Dogezaemon Uenoharaをフォローする
この記事は約6分で読めます。

SQ以降は先物の上昇トレンドが発生し、およそ1500円ほど水準を切り上げた。「」がつづきカレンダー的にもやりずらく、また上昇トレンドの波にも乗れずにトレード頻度が激減した月となった。

 

勝てるとこだけコツコツ」、「負けるくらいなら何もしない方がまだマシ」、などとポジポジ病を抑え品質向上を図るための自戒スローガンを掲げて臨んでいるので、トレード回数が減ったとしてもそれは仕方がない。「相場は自分との戦い」とは本当にその通りだと思う。

 

ということでSQ以降に行った3つのオプション・トレードの現場の様子を詳しく見ていこう。それぞれのトレード自体は毎度お決まりの定型パターンではあるがお付き合いいただければと思う。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019.10.11(金)18:15 プロテクティブ・プット 欧州市場午前

 

■L103-h01-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L103-h01-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

1910SQ値は21,842.63円で決まった。先物は米中協議の楽観観測で日中から買戻し優勢の展開、この時間21900円を超えている。

 

この後から週末にかけて大型で非常に強い台風19号が日本列島を襲う。停電などでトレードに影響が出る可能性もある。また東京市場は三「」に入るが、「」明けの台風被害の程度にも注意してトレードしていこう。

 

NSオープン後から微剥げ推移となっているところで「」をエントリー。この後さらに剥げるようなら乗せていこう。

 

2019.10.11(金)23:10 NY市場オープン

 

■L103-h02-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L103-h02-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

上昇を続ける先物はこの時間22000円に乗せ、9月19日の直近高値22090円を伺っている。返済していこう。

 

2019.10.11(金)23:25 全返済

 

■L103-h03-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L103-h03-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

全返済完了。キレイな「」となっているスマイルカーブに注目。次のポジションを狙っていこう。

 

1912M @+4枚 21920.00円 → 返済 22070.00円 (+60,000円)

1911P21000 @+2枚 115.00円 → 返済 98.00円 (-34,000円)

今回確定損益 +26,000円

合計確定損益 +26,000円

 

2019.10.30(水)01:40 プロテクティブ・コール NY市場ランチタイム

 

■L103-h04-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L103-h04-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

1910SQ後はカレンダー的に休場が多く、なかなかポジションを取るタイミングがつかめなかった。先物は上昇トレンドが継続しており連日の年初来高値更新、23000円目前。目先は明日の「」と「」、そして「」がターゲットとなっている。ポジションもイベントを意識して取っていかなければならない。

 

NYタイムになって日中に盛ったコールが剥げてきたところで、ポジションは「」の前段ポジション、「」をエントリー。先物水準とイベントを控えたこのタイミング、いつもの「」同様に鉄板ポジションと言えるので確信的にやっていこう。

 

今回の「」狙いは、明日の日中のコールIVの盛り返し。スマイルカーブの画像の前日線からも分かるように、今日の日中のIVの動向を明日も再現すると読んでいる。

 

日中のIVの推移はこのようになっている。エントリーもコールが最も剥げた昨晩のNYタイムこの時間。

 

 

もし先物が更に上昇し23000円を突破していけばIVは「」、逆に反落しても「」が待っている。ヨコヨコ(おそらくこのパターンが濃厚だが)でも「イベント盛り」と、「」でいう「」を超えて剥げる要素が一切見当たらないという、オプション・ロングにとって絶好のタイミングだ。

 

ただし「」と言いつつもセータは無慈悲に効いてくるので、長くホールドするのは得策ではないだろう。

 

2019.10.30(水)14:40 東京市場午後

 

■L103-h05-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L103-h05-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

今日の先物は反落、狙い通りにコールIVは盛り返し「」に評価益が乗った。この時間の先物は日中安値を更新しそうな状況となっておりコールIVも一段盛り、このチャンスを逃さずに返済していこう。

 

2019.10.30(水)14:45 全返済

 

■L103-h06-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L103-h06-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

全返済。次のタイミングを狙っていこう。

 

1911C23250 @+2枚 67.00円 → 返済 47.00円 (-40,000円)

1912M @-5枚 22955.00円 → 返済 22815.00円 (+70,000円)

今回確定損益 +30,000円

合計確定損益 +56,000円

 

2019.10.31(木)12:40 カバード・コール 東京市場午前

 

 

■L103-h07-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L103-h07-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

昨晩の「」はノーサプライズで通過、先ほど発表された「」もノーサプライズで通過。「」後段ポジションとなる「」をエントリー。イベント通過によるIV剥げを取りに行こう。

 

2019.10.31(木)18:30 欧州時間午前

 

■L103-h08-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L103-h08-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

ぎゃー。「中国、トランプ氏との長期的な貿易交渉の可能性に疑問を表明」とのアナウンスが流れて先物急落。ホールド中の「」は先物急落に巻き込まれた。急落によるIV上昇とネガティブ・ガンマが直撃、ポジションには10円程の微益が乗っていたが一気に吹き飛んだ。

 

こればかりは仕方がない、ここは無理せずに大事を取って損切りしよう。もともと低ボラのオプションを売っているので、今後さらに事態が悪化すれば危険な状況になりかねない。こんな不安があるときは現実に困ったポジションとなる前に対処し、仕切り直すのが吉だろう。10回中9回は対処しなくても助かるが、残り1回の悲劇を引き起こさないためだ。コレ、オプションを扱う上で意外と大事なことだとわたしは思っている。

 

2019.10.31(木)18:40 全返済

 

■L103-h09-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L103-h09-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

全返済完了。さて明日から11月、次のチャンスを狙っていこう。

 

1911C23000 @-1枚 105.00円 → 返済 71.00円 (+34,000円)

1912M @+4枚 22885.00円 → 返済 22795.00円 (-36,000円)

今回確定損益 -2,000円

合計確定損益 +54,000円