■おしらせ/2019.09.10■ オプショントレードはコレを見ないと始まらない!「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

NFP

プロテクティブ・コール

Lv0086【対中関税第4弾ショックをプロテクティブ・コールで乗り切る】+54,000円

今回のレポートは前回の続き、「BOJ・イベントプレイ」の後段ポジションの失敗を「FOMC」後の対中関税第4弾ショックでリカバーしていった内容となる。マーケットの波に乗れずに、なかなか苦しい展開だった。 それでは現場の様子を詳しく見ていこう。 2019.07.30(火)10:25 ...【つづきを読む】
2019.09.10
プロテクティブ・プット

Lv0085【プロテクティブ・プット、BOJイベントプレイ前段ポジション】+28,000円

今回は「BOJ・イベントプレイ」の前段ポジションとして「プロテクティブ・プット」を組んだレポート。一晩ホールドしただけの短いレポートとなるが、定期的に使えるオプション戦略なので今後の「イベントプレイ」の参考にしていただければと思う。 (参考記事) それでは現場の様子を詳しく見...【つづきを読む】
カバード・プット

Lv0084【カバード・プットで週越え、プット剥げを狙うもセータしか抜けず】+17,000円

今回のレポートはシンプルなトレード。金曜日に「カバード・プット」を組んで「週越え」し、月曜日に返済をかけたというレポート。プットの剥げを狙ったものだが、イベント週の前ということもありIVの剥げは限定的。結局セータしか抜くことができなかった。 それでは現場の様子を詳しく見ていこう。 2019.07...【つづきを読む】
2019.09.10
リバース・プット・カレンダー・スプレッド

Lv0081【知らなきゃ損!SQ直前×低IV×リバース・プット・カレンダー・スプレッド】+102,000円

SQ直前はセータがキツイのでオプション・ロングは勝てない。誰が言ったのかそんなヘタな思い込みは、今すぐトイレに流してしまおう。今回はあなたの知的好奇心・知的探求心をくすぐるかもしれないレポート。 先週(7月第1週)、IVはついに年初来安値を割り込み10%台まで低下、いよいよオプション・トレードには厳しい相...【つづきを読む】
2019.09.11
プロテクティブ・プット

Lv0080【G20大阪・米中首脳会談前夜のデイトレ的プロテクティブ・プット】+17,000円

今週の日経平均先物は、週末のG20及び米中首脳会談を控え21000円~21300円の狭いレンジ内での動きに終始している。双方からたびたびネガ・ポジ発言が飛び出し、思惑絡みの各社報道にも振らされる展開。注目度が高いのは分かるが手が出せない、といったのが正直な印象。この不安定感は4年半ぶりの低水準となっている売買代金に現れ...【つづきを読む】
2019.09.10
プット・バック・スプレッド

Lv0079【暴落で爆益?クズOP職人に学ぶプット・バック・スプレッドの真価】+75,000 JPY

暴落 = プット・バック・スプレッド、と脊髄反射してはいないだろうか。今回はそんな思い込みを180度変えるレポート。 2013年のある日、※「ギルド集会所」での会話。クズOP職人であるギルドの始祖(お師匠さま)が言った。 「プット・バック・スプレッド は、そこらの暴落では儲からないですね。」...【つづきを読む】
2019.09.10
カバード・プット

Lv0078【カバード・プットと一晩過ごして分かったこととは?】+25,000 JPY

ここ最近「カバード・プット」を多用してきたが、今週のリバウンド局面で期近プットの剥げもだいぶ進んでおり、どうもリスクにリターンが見合わなくなってきた。トレードに対する考え方は人それぞれだが、損益曲線が線形ではない取引をやっている以上、「勝てば何でも良い」という訳にもいかない事情があるのだ。 いずれまた「カ...【つづきを読む】
2019.09.10
スマイルキャッチャー(225OP売買支援ツール)

Sc0006【スマイルキャッチャーsc0.64.rdx/時間的影響を排除したスマイルカーブの解説と実装方法】

ここでは「スマイルキャッチャー」で要望の多かった「時間的影響を排除したスマイルカーブ」の実装方法について解説します。 「時間的影響を排除したスマイルカーブ」とは、「スマイルカーブ」を加工したもので、主にカレンダー系スプレッド、 「コール・カレンダー・スプレッド」 「プット・カレンダー・スプ...【つづきを読む】
2019.07.17
カバード・プット

Lv0070【カバード・プットを組んだら10日間放置することになった】 +181,000 JPY

今回のレポートは「カバード・プット」を組んでからその後マーケットが動かなかったために放置していただけの内容なので最初と最後だけでOK。むしろ注目していただきたいのはペイオフダイアグラムの画像。時間経過により「カバード・プット」の損益曲線が徐々に満期線に近づいていく変化の様子と合わせて、グリークスの変化も観察していただき...【つづきを読む】
2019.09.10
カバード・プット

Lv0062【ネコ耳スプレッドに想いを馳せながらカバード・プットと歩んだMSQ週の話】+145,000 JPY

"けなり売り、けなり買い、腹立ち売り、腹立ち買い、天井を売らず、底を買わず。右六ケ条、別して第一の事に侯" ≪猛虎軒≫ 2019.03.01(金)04:45 カバード・プット NY市場ランチタイム 今週は動きが止まってしまった日経先物。政治経済イベントは多数あれど、結局21500円を挟ん...【つづきを読む】
2019.09.10