■オプショントレードはコレを見ないと始まらない!日経225オプションIV「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Lv0155【プロテクティブ・プット|ここで組むポジションは?ギルド集会所の課題】+128,000円

 
ゑもん。をフォローする
プロテクティブ・プット
この記事は約8分で読めます。

今回は久しぶりに「」をエントリーする良いチャンスを見つけることができたので、ギルド集会所の会話と交えてレポートにした。

 

それではオプション・トレードの現場の様子を詳しく見ていこう。

 

スポンサーリンク

2020.05.14(木)11:30 プロテクティブ・プット 東京市場ランチタイム

 

■L155-h01-01先物オプションポジション

■L155-h01-02IVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

GW明けの週の木曜日、東京市場。久しぶりにトレードの良いタイミングがやってきたかもしれない。「」をエントリー。

 

先週のGW中、05SQや「」などのイベントを通過し、先物は20000円台に乗せて推移。コロナショック後の戻り高値は月曜日に付けた20615円

 

しかし上値は重く再び20000円を割り込んでしまいそうな局面が続いている。昨日から下落警戒のプット盛りもジワリと広がっており、20400円台まで反発した昨晩NSもプットIV()は大して剥げなかった

 

マーケットには良い感じのストレスがかかっているようだ。つまり先物の下落に大して一般的な「」の反応ではなく、プットIV()は盛りで反応するという「」が見られる。

 

このIVの反応から推察するに先物のもう一段下落は時間の問題にも見えることから、プットのボラティリティを買う」のチャンスではないだろうか。

 

逆に先物が再び20500円方向に戻したりヨコヨコしても大して剥げないことが前述の観察から分かっているので、まさに「」の「」、いや非常に珍しいことではあるが「三対三の法則」に則ったトレードが可能な状況。

 

ここまでごちゃごちゃと書き綴ったが、3行にまとめたのが以下。

 

先物下げ → プットIV()は盛るだろう。コールIV()も盛るだろう。

先物上げ → プットIV()は剥げないだろう。コールIV()は剥げそうだ。

先物ヨコヨコ → プットIV()剥げないだろう。コールIV()は剥げるかもしれない。

 

レンジ下限の20000円手前で踏ん張っている先物水準もとても良いタイミングだ。さあ、ここで「」を仕掛けない理由が見当たらないほど好条件がそろった。

 

」ってなに?

 

Lv0097【コール・バック・スプレッド|完璧なタイミングを捉えることに成功(日経8連騰)】+40,000円
今回のレポートは1909MSQの最終売買日に期先で「コール・バック・スプレッド」を組んだレポート。前場に組み深夜に返済と、短いホールド期間で結果につながり良いトレードとなったと思う。 そ……

 

スポンサーリンク

ギルド集会所ではそのころ……

 

以降は後場のギルド集会所の投稿。

 

■L155-h02-03ギルド集会所

Emon 13:40

ですねー。例えば今この瞬間、先物20000円が割れそうですが、ここで組むポジションはどういうものでしょうか?

 

■L155-h02-04ギルド集会所

Emon 13:42

ここでどのようなポジションを組むのか、その思想は、今後オプションで生き残るにはそれなりに重要かもしれません

13:44

正解はないですよ。相場がどうなるかはわかりませんので。ただオプションで生き残るための考え方です

 

ギルド集会所1346

Emon 13:46

わたしもそう思います。まずここでオプション売りはなさそうです。カバコ()など今回は上手くいくかもしれませんが、これをやるといつか死にます時間の問題です

あとはドコのナニを買うか、、、です

 

ギルド集会所1347

Emon 13:47

まず一般的なマーケットで「下げのP盛りC剥げ」(訂正:)ですが、今回はどうもそうならないようです。

 

■L155-h02-05ギルド集会所

Emon 13:49

一般的には先物下落でプロP()すると負けますが、昨日からのマーケットを見ていると、下げると素直にプットが盛ります。これは下落警戒かと思われます。まるでプロP祭りの始まりのようにも見えます。

13:51

しかしまだ信用は出来ません。20000を割ってしまえば一時的に盛ったプットは、一気に剥げるかもしれないからです。それはしぶとく強い先物によるものです。

 

■L155-h02-06ギルド集会所

Emon 13:53

ですからプロPを組んで、盛って益が出たら剥げるまえに返済、よほどの強い下落でない限り、逃げ足は速くした方が良さそうです

 

■L155-h02-07ギルド集会所

Emon 13:56

あと考えられるのはプロC()です。これはベストな選択に見えますが、先物が20500に戻られるとC禿げ(剥げ)+ミニ売による損失、それも結構な損失を免れません。このパターンではプロPよりもリスキーに見えます

 

■L155-h02-08ギルド集会所

Emon 14:00

タイミング的に先物が下落していけばプロCは完璧なのですが、コールも既に盛っているのでここから上げられるとかなりきついと想定できます。

 

■L155-h02-09ギルド集会所

Emon 14:02

だからプロCはここ20000割れ局面で組むよりも、最もコールが剥げているレンジ上限、20500円あたりで組むべきスプレッドだったのです。もし20500円を抜けて上げていけばコール盛りも期待できます。

14:04

上げヨシ下げヨシ()のタイミングが大切ですね

14:06

プロPは逆にレンジ下限がそのタイミング()になります。先ほどがまさにそのタイミングでしたね

14:07

昨日からのスマイルカーブの観察から、先物が上げてもプットは大して剥げない、というのがポイントです

 

■L155-h02-10ギルド集会所

Emon 14:16

前引けにエントリーしました。このまま先物と「」を凝視し、盛り続けるならホールド、剥げ始めたら逃げます。

14:17

もちろん、剥げると益は消えるので、ここは返済しておくのが無難ですね

 

■L155-h02-11ギルド集会所

Emon 14:19

ホールドはわたしの性格によるものなので、気にしないでください。ここは返済しておカネをポケットにしまい立ち去るのがおおよそ正しい選択だと思います

 

■L155-h02-12ギルド集会所

Emon 14:22

スマイルカーブは物語です。スマイル物語をよく読めば、「」がつかめます。「」はカネになります。こういう取引をコツコツ積み上げていくのが、わたしの場合のオプショントレードの方法です。

 

■L155-h02-13ギルド集会所

Emon 14:28

ずいぶん濃いオプ損の話だなと思ったらここ #10_給湯室_雑談a だった

 

魚はいらない、魚の取り方を知りたいのだ

 

能書きは良いので魚をくれ、という不勉強なトレーダーが、このような文字ばかりで分かりずらいレポートを読むはずがない。なぜならトレードで成功するための最も効率的な方法として、安直な売買シグナルを発するシステム探しに忙しいからだ。

 

一方「ゑもんレポート」をここまで読んでいるあなたは、漁場・ツール・手法などなど魚の取り方を求めているはずだ。それはトレードは人生や生活の一部であり継続的なものと考えており、勤勉かつ献身的でいられる覚悟を持っている証拠でもある。

 

ギルド集会所はオプション・トレードを深く追求し、より実践的な売買技術を磨きたいという真摯な志を持ったトレーダーのみが集まるコミュニティだ。

 

もしあなたがオプション・トレードで何かの悩みを抱えているとしたら、試しに一度、ギルド集会所をのぞきに来てはいかがだろうか?もしかしたら同じ志を持つ多くのトレード仲間の言葉が、その助けになるかもしれない。

 

Pr0001【ギルド集会所】
日経225先物オプション取引に関して気軽にコミュニケーションが取れるチャットスペース【ギルド集会所】を用意しました。 参加フリー 【ギルド集会所】はオプション取引に……

 

2020.05.14(木)15:15 東京市場クローズ

 

■L155-h02-01先物オプションポジション

■L155-h02-02IVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

東京市場はクローズ、先物は20000円を割れてきた。「」をNSにホールドしていこう。

 

2020.05.14(木)23:20 NY市場午前

 

■L155-h03-01先物オプションポジション

■L155-h03-02IVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

欧州市場は軒並み-3%を超える大幅な下落となっており、合わせてIV()も盛り続けてきた。しかしNY市場がオープンすると先物に目立ったリバウンドは見られないが、画像のプットIV()の15m足の通りドサッと剥げ始めてきた。」のカックンだ。

 

先物はもしかしたら下げ止まるか、リバウンドするのかもしれない。そうなるとホールドしてきた「」もここまでのようだ。更に剥げ進んでしまう前に、一旦ポジションを返済していこう。

 

2020.05.14(木)23:25 全返済

 

■L155-h04-01先物オプションポジション

■L155-h04-02IVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

全返済。次のタイミングを狙っていこう。

 

2006M @+2円 20097.50円 → 返済 19690.00円 (-82,000円)

2006P18000 @+2円 160.00円 → 返済 265.00円 (+210,000円)

今回確定損益 +128,000円

合計確定損益 +128,000円

スポンサーリンク
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。以下の「関連レポート」も合わせてよろしくお願いいたします。ゑもんレポート内の「お探しもの」「4つのシリーズ」別の新着記事はサイトマップをご覧ください。ご意見・ご質問などはギルド集会所からお気軽にどうぞ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このレポートをシェアする
ゑもん。をフォローする
ゑもんレポート【日経225オプション取引戦略編】-ブログ版-