■おしらせ/2019.09.10■ オプショントレードはコレを見ないと始まらない!「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Lv0104【コール爆発!三連休明けSQ週のガンマ・トレード|リバース・コール・カレンダー・スプレッド】+210,000円

 
Dogezaemon Uenoharaをフォローする
この記事は約6分で読めます。

今回のレポートはいつもの「」ではなく、「」となる。満期直前の期近オプションが持つガンマの破壊力をご覧いただければと思う。

 

残存日数が乏しいこの時期にセータは加速し大きくなる。今回の「」のようなオプション・ロングとは逆にオプション・ショートのポジションで、この大きくなったセータを取りに行こうと考えたときは、くれぐれもガンマにご注意を。ガンマセータは表裏一体なのだから。

 

それではオプション・トレードの現場の様子を詳しく見ていこう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019.11.01(金)22:00 リバース・コール・カレンダー・スプレッド NY市場午前

 

■L104-h01-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L104-h01-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

マーケットは昨日の「」と「」に続き、先ほど「」も消化、これでイベント週は終わった。先物は相変わらずの上昇相場が継続しており23000円手前の水準をしぶとく維持。

 

昨日は中国発のアナウンスによる先物急落で「」の損切りを余儀なくされた(前号のレポートを参照)。150円程度の急落だったがIVは1.5%も盛った。23000円という大きな節目で持ち合いを続けるマーケットには高値警戒感が広がっており、下落に対してIVは敏感に反応することが確認できた。

 

前号のレポートはこちらどうぞ。

 

Lv0103【オプション・トレードまとめ|1910SQから月末BOJまで】+54,000円
SQ以降は先物の上昇トレンドが発生し、およそ1500円ほど水準を切り上げた。「連休」がつづきカレンダー的にもやりずらく、また上昇トレンドの波にも乗れずにトレード頻度が激減した月となった。 ……

 

」を通過してから22995円まで上値を広げた先物だが、IVが無反応な(盛ってもいないし剥げてもいない)期近FOTMコールを買い、同じストライクの期先を売る「」をエントリー。

 

ただし期近+7枚:期先-1枚なので「」「」となる。わたしが組むカレンダー系スプレッドは、意図してこのような「」タイプがほとんどだ。

 

東京市場は明日から週末の三「」を経てSQ週となる。なぜ残存が少なくセータもキツいこのタイミングで、またなぜこの先物水準でオプション・ロングである「」なのだろうか?狙いはどこにあるのか?

 

その答えは以下の「」の過去レポートで詳しく解説しているので、ご興味がある方は参考にしていただければと思う。

 

Lv0096【リバース・コール・カレンダー・スプレッド|SQ週の専業メシネタ】+41,000円
SQ週のキツいセータを前に、「オプション・ロングのスプレッドは勝てない」そう思い込んではいないだろうか。今回はあなたのそんな思い込みを覆すかもしれないレポート。 多くのオプション・トレー……

 

少し補足すると、上のペイオフダイアグラムの画像をご覧いただきたい。「」にとって先物は下落すると都合が良い。そして上昇には弱い。これは以前から本レポートで何度も言及してきている「」オプションの特性(クセ)の一つ。

 

これは「」や「」も同様の原理で、先物は下落してくれた方が都合が良く、上昇には弱い。

 

スプレッドが持つこの特性(クセ)は「いやいや、コールを買っているのだから先物は上昇した方が都合が良いのでは?」と、教科書の解説やスプレッドのイメージと反するかもしれない。しかしスプレッドを成功させる上で(また失敗させないために)特性(クセ)を理解するのはとても重要なことなので、気になる方はぜひ過去のレポートを漁っていただきたい。

 

前述のように「」にとって先物下落は都合が良く、上昇は都合が悪い。このスプレッドの特性(クセ)を踏まえた上で昨日の急落で判明した「高値警戒感からIVは下落に敏感」で盛りやすいという相場環境は、オプション・ロングのスプレッドにとって更に好都合だ。

 

逆に「」は先物の上昇に対しては本来なら脆弱なハズだが、重要な節目である23000円を突き抜けてくるとコールは買戻し需要により盛り始めると考えている。また盛らなくても買戻しの勢いで先物は走り、満期直前の強烈なガンマが効いてくる。

 

つまり今回はアゲ良し・サゲ良し・ヨコヨコだめの「」がきっちりとワークすると考えられる。

 

」とは「アゲ・サゲ・ヨコヨコ」の3つのシナリオのうち2つでWINが見込める条件が揃ったときにオプション特性とマッチしたスプレッドを仕掛けよ、という「」の一つだ。今が仕掛ける良いチャンスではないだろうか。

 

それでは「」を三「」の「」をさせて、相場の偏移と時間の経過によってどのような変化を見せるのかウォッチしていこう。

 

2019.11.05(火)09:05 東京市場午前

 

■L104-h02-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L104-h02-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

三「」の明けの東京市場。寄り付き前にFT紙による「米国が対中関税の一部除外を検討」との報道を受け、先物は200円程の上窓スタート。

 

」した「」は寄り付きから評価益が乗った状態でスタートした。良い感じだ。

 

ポジションのグリークスの「ガンマ値の変化」に注目いただきたい。先ほどのリンク「Lv0096【リバース・コール・カレンダー・スプレッド|SQ週の専業メシネタ】+41,000円」を読んでいただければ、「」のうちアゲパターンで狙い通りの展開となったことが分かる。

 

今回のパターンではこの後ランチタイムに買戻しの一段高が期待できるので、もうしばらく「」をホールドしてみよう。

 

2019.11.05(火)11:40 東京市場ランチタイム

 

■L104-h03-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L104-h03-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

東京市場ランチタイム。やはり正午に向けて買戻しが始まった。この勢いは後場まで続くだろう。

 

」が持つガンマの爆発力は伊達じゃない。ガンマの膨張と共に評価益も急拡大。それではこのあとの後場まで「」を引っ張り、買戻しの勢いに乗って返済していこう。

 

2019.11.05(火)12:55 全返済

 

■L104-h04-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L104-h04-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

先物は+500円に迫り、既に期近コールの買玉は持ち値の10倍近くまで爆発している。

 

今日はもう良い水準まで上昇しただろう、ということで全返済。先物はまだ上昇を続けるのかもしれないが、良いトレードができたと思う。次のチャンスを狙っていこう。

 

1912C23500 @-1枚 155.00円 → 返済 295.00円 (-140,000円)

1911C23500 @+7枚 6.00円 → 返済 56.00円 (350,000円)

今回確定損益 +210,000円

合計確定損益 +210,000円