■オプショントレードはコレを見ないと始まらない!「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Lv0135【コール・バック・スプレッドからのプロテクティブ・プット|(コロナショックDay9)】+401,000円

 
ゑもん。をフォローする
プロテクティブ・プット
この記事は約5分で読めます。

まず「コロナショック」の記録を残すために2003P16000(FOTMプット)の1h足チャートを「」しておこう。3月5日(木)の日中引け時点、ATMは21500、残存は6営業日だ。

 

コロナショック2003P16000の暴騰と暴落

 

7円→330円→3円、一歩タイミングを間違えば「売るも地獄・買うも地獄」。オプション市場ではこのような狂暴な価格変動が1年に1度くらいは起こる。オプションをイジるときはオプションを深く理解し、仕組みからして「こんなことは当然に起こる」と平時から認識しておこう。

 

今週、前号のレポートまでは「」を繰り返し入れてきた。今回も当初は「」を組んでいたが、マーケットの異変を察知し途中から「」にスプレッドを変更していった。「」についての詳細は何度も書いてきているので今回は割愛。

 

前号のレポートは以下のリンクから。

 

Lv0133【コール・バック・スプレッド|(コロナショックDay6-7)祭りは終わったか?環境の変化を見逃すな】+31,000円
今週の相場からは先週までの「プロテクティブ・プット」をひたすら繰り返していけば良い、という訳にもいかなかくなってきた。前号はレポートは以下から。 それではオプション・トレ……

 

」は2月の後半に何度も繰り返し回転させて「コロナショック」を凌いでいった。個人的に暴落相場時の主戦略と考えているスプレッドだ。詳細は以下のレポート辺りから参考にすると良いだろう。

 

Lv0125【プロテクティブ・プット|いつものパターンで敗戦処理】+39,000円
今月2002SQ以降はIV(スマイルカーブ)が良く動き、ここ最近は「ボラティリティ・トレード」祭りとなっている。わたしはごちゃついたスプレッドが苦手なので、こういう相場は最も単純なオプション・スプレッ……

 

それではオプション・トレードの現場の様子を詳しく見ていこう。

 

スポンサーリンク

2020.03.05(木)15:00 コール・バック・スプレッド 東京市場大引け

 

まず昨晩の米国市場から。

 

■L135-h01-00米国市場

 

ダウは+4.53%の+1173ドル、史上2番目の上昇幅(上昇率ではない)となった。

 

■L135-h01-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L135-h01-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

木曜日の東京市場がまもなくクローズ。昨晩は米主要三指数が大幅上昇したことでマーケットには安心感が出てきたようだ。この時間のIVはOTMプットを中心に大きく剥げ散らかる展開となっている。

 

現物の引けにかけてスルスルと先物が上げてきたところでポジションは「」をエントリー。このままNSに持ち越し。

 

その都度、マーケットに適宜対応したポジションに切り替えていかないと生き残れない相場だ。コロナショック以来、レポートに繰り返し書いているが「」には十分に気を付けていこう。暴落はいつまでも続かない。また何かあればこの楽観ムードも直ぐに壊れ、恐怖相場に一変してしまう耐性のない脆弱なマーケットだ。【アホボラは二度刺す】、これだけの相場で二番底を未だ見ていないことを忘れないようにしよう。

 

スポンサーリンク

2020.03.05(木)17:15 プロテクティブ・プット 欧州市場オープン

 

■L135-h02-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L135-h02-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

昨晩から日中までの穏やかな楽観ムードとIV大剥げ散らかりから雰囲気は一転。欧州市場オープンからドカドカとOTMプットに買いが入り、IV()は盛り盛りと盛り始めた。なんだか雰囲気がおかしい、というかただ事ではない様子がスマイルカーブに表れている

 

IVをあっという間に1%も上昇させてしまうほどの非常に雑な買い方だがそれが逆に大人っぽい、これはもしかして仕込み玉……?先物だけ見ていては気が付かないが、今晩先物で売り崩して「」に発展させる秘密工作が裏で絶賛進行中ではないのか(ホームランドの見過ぎ)。

 

」を新規エントリー。ポジションは「」+「」となった。「」+「」とも分解できる。

 

続けて「」の返済注文を入れていこう。この後IVが全盛りとなりOTMコールは盛るもFOTMコールは盛らず、という状況になりかねない。そうなると「」は都合が悪い。買玉の処分に少々時間がかかりるかもしれない。

 

2020.03.05(木)17:50 コール・バック・スプレッド返済

 

■L135-h03-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L135-h03-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

」の返済が完了。引き続き「」をホールドしていこう。

 

2003C21750 @-1枚 150.00円 → 返済 125.00円 (+25,000円)

2003C23000 @+20枚 5.00円 → 返済 4.00円 (-20,000円)

今回確定損益 +5,000円

合計確定損益 +5,000円

 

2020.03.05(木)19:20 欧州市場午前

 

■L135-h04-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L135-h04-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

昨晩からの楽観ムードから「2」相場の最中であることを忘れるところだった。この時間で既に先物-300円超、21000円を割り込む手前まで売り込まれている。「」はおよそ+5%の大盛りとなっており「」の評価も膨張。ドル円は107円を割り込み、米10年利回りは再度1.0を下回っている。

 

2020.03.05(木)23:20 欧州市場午後

 

■L135-h05-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L135-h05-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

まもなくNY市場がオープン。この時間になっても先物の反発はなく、プットIVの上昇は止まらない。ホールド中の「」のグリークスは更に巨大化。タイミングを見ながら返済していこう。

 

2020.03.05(木)23:30 全返済

 

■L135-h06-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L135-h06-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

NY市場オープン、全返済。次のタイミングを狙っていこう。

 

2003M @+5枚 21300.00円 → 返済 20930.00円 (-185,000円)

2003P20000 @+5枚 83.80円 → 返済 200.00円 (+581,000円)

今回確定損益 +396,000円

合計確定損益 +401,000円

スポンサーリンク
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。以下の「関連レポート」も合わせてよろしくお願いいたします。ゑもんレポート内の「お探しもの」「4つのシリーズ」別の新着記事はサイトマップをご覧ください。ご意見・ご質問などはギルド集会所からお気軽にどうぞ。
このレポートをシェアする
ゑもん。をフォローする
ゑもんレポート【日経225オプション取引戦略編】-ブログ版-