■オプショントレードはコレを見ないと始まらない!日経225オプションIV「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Lv0133【コール・バック・スプレッド|(コロナショックDay6-7)祭りは終わったか?環境の変化を見逃すな】+31,000円

 
ゑもん。をフォローする
コール・バック・スプレッド
この記事は約7分で読めます。

今週の相場からは先週までの「」をひたすら繰り返していけば良い、という訳にもいかなかくなってきた。前号はレポートは以下から。

 

Lv0132【プロテクティブ・プット|(コロナショックDay5)金曜ナイトIV大爆発】+963,000円
先週から「コロナショック」相場が続いており、オプション市場では「ボラティリティ・トレード」祭りとなっている。 今回は2回転分のトレードまとめた。同じ手口(プロテクティブ・プット)を繰り返……

 

それではオプション・トレードの現場の様子を詳しく見ていこう。

 

スポンサーリンク

2020.03.02(月)14:35 コール・バック・スプレッド 東京市場午後

 

■L133-h01-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L133-h01-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

先週から続くコロナショック相場。週明けの東京市場はリバウンド、朝寄り-300円から+500円まで駆け上がる展開。値動きは非常に荒い。おかげで「」では表現がもの足りず、「100円は誤差」というタグを新造しなければならなくなりそうだ。

 

マーケットは下落調整局面に入ったことは明らか(だと思う)で、このリバウンドは長くは続かないはず(だと思う)だ。しかし初動の一本調子の下落局面は終わりを迎えた。よって今まで行ってきて来た「」を今から入れていくにはいささかリスキーな状況となってきた。

 

それはIVが超高水準かつ残存日数が2週間を切った以上、ここから更に「」と剥げられたら、救いようがなくなるからだ。「」に巻き込まれるとオプション・ロングと言えども想像以上に大きな損失を抱えることになる。」に気を付けよ、これは警告級に注意喚起しておく。

 

それならばオプションは売りか?というと、その手もリスキーだ。2番底も見ていないしアホボラも2度刺してない。コロナショックは「まだ終わっていない」と考える方が妥当だからだ。

 

では、どうしよう。

 

そこで「」をエントリー。デルタは微ロング。先物リバウンドで「」と剥げたOTMコールを買い、未だに剥げ渋っているATMコールを売っていこう。ポジションはこのままNSに持ち越し。

 

」は先物上昇で利益となる、と教科書には書かれているが、これは事実とは異なる。先物のリバウンドがあまり進むと厳しくなるポジション()なので、ほどほどまでにご容赦願いたい()。

 

」が利益を生み出す仕組みについて、以下のレポートに詳しく書いてある。

 

Lv0097【コール・バック・スプレッド|完璧なタイミングを捉えることに成功(日経8連騰)】+40,000円
今回のレポートは1909MSQの最終売買日に期先で「コール・バック・スプレッド」を組んだレポート。前場に組み深夜に返済と、短いホールド期間で結果につながり良いトレードとなったと思う。 そ……

 

スポンサーリンク

2020.03.02(月)16:40 コール買増玉 NSオープン

 

■L133-h02-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L133-h02-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

NSがオープン。「」のコール買増玉@+1枚。

 

スポンサーリンク

2020.03.02(月)20:20 欧州市場午前

 

■L133-h03-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L133-h03-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

先物の下落が進むとIVは敏感に反応。「祭りが未だ継続中であること(「」がないこと)を確認……でも感度は鈍っている感。「」に一気に評価益が乗ってきた。このポジションは先物が下落しているうちは余裕安泰なので(もしクレジット以上に評価益が膨らめば返済すればよい)、このまま放置していこう。

 

2020.03.03(火)00:50 ミニ買い

 

■L133-h04-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L133-h04-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

NY市場午前。「100円は誤差」の乱高下が継続中。一気に20500円を目指す展開かと思ったがそうではないらしい。米主要三指数はマイ転まで売り込まれた後、下げ渋り。合わせて先物も反発を始めたかもしれない。

 

やはりマーケットは一本調子の下落相場ではなくなり、その根拠にプットが剥げやすくなっている。今まで通り「」などに突っ込んでいくと「」剥げに巻き込まれて大きくヤラれるかもしれないので慎重に、こういった「」には十分に気を付けていこう(何度でも繰り返し警告)。

 

ホールド中の「」にミニ買玉@+4枚を当ててデルタをロングに向けていこう。

 

2020.03.03(火)02:35 コール買増玉

 

■L133-h05-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L133-h05-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

先物一段高。先ほどの画像と比較し先物は+150円ほど、コール買玉のIVは低下。FOTMコール買玉のプレミアムは全く変化がない(OTMコール売玉のプレミアムは上昇)ことからもそれと分かる。合成スプレッド全体の評価が悪化していないのは、「ミニ買い」によるデルタ・ロングに評価益が移転したからだ。

 

またプットIVはFOTMから大剥げ、-10%に達している。今日ここまで一日のIV動向を観察しきたが、「コロナショック」の少し前から「」で回してきた「」を軸に戦略を考えるのは厳しいだろう。祭りは終わった、ということだ。それでも先物次第で祭りは再開するのかもしれないが、今は一旦」が訪れたと考えておこう。

 

コール買増玉@+3枚。デルタを更にロングに振っていこう。

 

2020.03.03(火)03:20 ミニ買玉返済

 

■L133-h06-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L133-h06-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

今日はこれ以上は伸びそうにもない。ミニ買玉を返済した。「」をホールド。

 

2003M @+4枚 20915.00円 → 返済 21145.00円 (+92,000円)

今回確定損益 +92,000円

合計確定損益 +92,000円

 

2020.03.03(火)15:15 東京市場クローズ

 

昨晩の海外市場から。

 

■L133-h07-00a米国チャート

 

ダウは+1293ドルの+5.1%、過去最大の上昇幅(上昇率ではない)となった。「コロナショック」で色々と歴史的レコードが塗り替えられている。

 

■L133-h07-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L133-h07-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

米株の大幅上昇を受け東京市場の先物も上昇して始まり+560円の21730円を付けた。しかし即反落しほぼ寄り天。そしてマイ転した上、驚きべきことに21000台を全て溶かした。夜間安値からの高低差は±1050円。百円の桁の変化は気にならないほど感覚が狂う。

 

これでは「100円は誤差」では飽き足らず「2」状態。この様子では非常に弱い相場が既に始まっていると見ておいた方が良いだろう。

 

」をNSに持ち越していこう。

 

2020.03.03(火)22:25 欧州市場午後

 

■L133-h08-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L133-h08-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

この時間、G7声明で失望売り。ホールド中の「」はバランスが悪くなってきたし、マーケットの状況も日替わりで変わるので、ここで一旦返済しよう。タイムオーバーだ。

 

2020.03.03(火)23:00 全返済

 

■L133-h09-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L133-h09-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

2003C23000 @+11枚 33.27円 → 返済 10.00円 (-256,000円)

2003C21500 @-1枚 565.00円 → 返済 370.00円 (+195,000円)

今回確定損益 -61,000円

合計確定損益 +31,000円

 

全返済。一方的な相場が続くと思い込み、何度も返済のチャンスがあったのにここまでズルズルとポジションを引っ張り不発にさせてしまった。値幅も上下1000円クラスと大きく、先週とは異なり今週は難しい相場となっている。

 

アホボラは二度刺す】偉大な先輩の言葉。コロナショックはまだ終わっていないと思うが、迂闊に手は出せない。色々と狂った感覚を戻して「」をしっかりと観察しつつ、より慎重に、次のタイミングを狙っていこう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。以下の「関連レポート」も合わせてよろしくお願いいたします。ゑもんレポート内の「お探しもの」「4つのシリーズ」別の新着記事はサイトマップをご覧ください。ご意見・ご質問などはギルド集会所からお気軽にどうぞ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このレポートをシェアする
ゑもん。をフォローする
ゑもんレポート【日経225オプション取引戦略編】-ブログ版-