■おしらせ/2019.09.10■ オプショントレードはコレを見ないと始まらない!「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Lv0100【祝☆レポート100本|カバード・プットからのドテン超短期プロテクティブ・コール】+91,000円

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
Dogezaemon Uenoharaをフォローする
この記事は約5分で読めます。

前回のレポートの続き。前回の「」から、今回は「」(ボラティリティ・ショート)→→「」(ボラティリティ・ロング)へとオプション・スプレッドを組み替えて「」を行った。

 

今回も基本的には前回のレポートと同様の手筋を繰り返しているだけなので、詳細について今回は割愛。それではオプション・トレードの現場の様子を詳しく見ていこう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019.10.03(木)03:10 カバード・プット NY市場午後

 

■L100-h01-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L100-h01-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

先ほど前回のレポートの「」を返済した。前回のレポートは以下のリンクからどうぞ。

 

Lv0099【プロPデイトレ|+G+Vのボラティリティ・トレード超基本形でNYオープンを狙い撃ち】+51,000円
今回のレポートは短期的な「プロテクティブ・プット」(プロP)でNY市場オープン時のIV急騰を取りに行ったもの。+G+V(ガンマ・ロング/ベガ・ロング)の「ボラティリティ・トレード」の超基本形と言えるだ……

 

その後は21250円手前で下げ止まったのを確認し「」をエントリー。ポジションを「」した格好だ。盛り盛りとなったATMを売っていこう。

 

画像からも見て取れるようにスマイルカーブの形的には、キレイにP盛りATM盛り<C盛りとなっている。つまりしっかりとskewが寝ている状態で、本来なら「」と行きたいところ。

 

しかし「」関係で、小枚数のATMなら約定させることができるがFOTMプットは枚数が揃わない。よってこの時間に「」を組むことは現実的に厳しいだろう。

 

skewが寝ている?本来なら「」?どうして?、という方は以下のレポートを参考にどうぞ!

 

Lv0079【暴落で爆益?クズOP職人に学ぶプット・バック・スプレッドの真価】+75,000 JPY
暴落 = プット・バック・スプレッド、と脊髄反射してはいないだろうか。今回はそんな思い込みを180度変えるレポート。 2013年のある日、※「ギルド集会所」での会話。クズOP職人であるギ……

 

よって今はとりあえずATMを売っておきデルタ分のミニ売りを当て「」としてホールド、後は明日の東京市場が寄り付いてから流れを見つつ再考しよう。

 

2019.10.03(木)09:35 東京市場オープン

 

■L100-h02-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L100-h02-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

明けて東京市場がオープン。先物は昨晩NY市場の安値付近で100円幅の乱高下。IVは剥げ推移。ポジションは「」をホールドし様子を見ていこう。

 

2019.10.03(木)20:40 欧州市場ランチタイム

 

■L100-h03-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L100-h03-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

NSのこの時間になって先物は昨日・日中安値の21250円を割り込んできた。合わせてIVも上昇。ここら辺でホールド中の「」は一旦返済をかけていこう。

 

2019.10.03(木)21:25 全返済

 

■L100-h05-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L100-h05-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

全返済完了。様子を見ながら前回のレポートと同様の手筋でNYタイムのオープンを狙っていこう。今日は23:00に注目のISMのアナウンスが控えているのでマーケットが動意付くかもしれない。

 

1912M @-4枚 21310.00円 → 返済 21230.00円 (+32,000円)

1910P21250 @-1枚 240.00円 → 返済 250.00円 (-10,000円)

今回確定損益 +22,000円

合計確定損益 +22,000円

 

2019.10.03(木)22:30 プロテクティブ・コール NY市場オープン

 

■L101a-h01-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L101a-h01-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

先ほど「」を返済し、今度はNY市場のオープンで「」をエントリー。ボラティリティ・ショートからボラティリティ・ロングへオプション・スプレッドを「」した格好。この後のISMのアナウンスを控えて、マーケットは少し荒れてきた。

 

2019.10.03(木)22:40 ミニ売り増玉

 

■L101a-h02-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L101a-h02-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

ミニ売りを@-1枚増玉し「」。

 

2019.10.03(木)23:05 ISM非製造業景気指数ネガティブサプライズ

 

■L101a-h03-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L101a-h03-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

ISM通過、指標の悪化を受けて200円程の急落を見せる先物、一気に21000円を狙う展開。

 

早速「」に評価益が乗ってきた。しかしいくら何でもこの急落は過剰反応。先物は節目の21000円手前まで迫っているがプットが無反応であることが過剰反応であることを裏付けている。また日経・ダウ共に日足200SMAに到達、今日のこの動きで先物が21000円を抜けることはないだろう。

 

ということでリバウンドが来る前に「」は返済していこう。何度も繰り返し書いているが、盛ったIVはマーケットの反転であっという間に萎む。初弾必中、一撃離脱だ。

 

2019.10.03(木)23:15 全返済

 

■L101a-h05-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L101a-h05-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

全返済完了。再び短期的なトレードで良い結果が出せたのではないだろうか。次回も良くタイミングを狙い、基本に忠実に「」をやっていこう。

 

1910C22000 @+8枚 15.63円 → 返済 10.00円 (-45,000円)

1912M @-6枚 21250.00円 → 返済 21060.00円 (+114,000円)

今回確定損益 +69,000円

合計確定損益 +91,000円