■オプショントレードはコレを見ないと始まらない!「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Lv0115【プロテクティブ・プット|WHO緊急会議(3回目)開催中に下げ幅拡大】+123,000円(2/2)

 
ゑもん。をフォローする
プロテクティブ・プット
この記事は約3分で読めます。

前号のつづき。

 

Lv0114【プロテクティブ・プット|未だウイルス拡散懸念は収まらず】+123,000円(1/2)
今回のレポートは日中前場に「プロテクティブ・プット」を取り、NYタイムに返済したデイトレ的トレード。2回に分けて書いていこう。変形ナシのストレートなスプレッド・トレードだ。 それではオプ……

 

スポンサーリンク

2020.01.30(木)20:00 欧州市場午前

 

■L114-h03-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L114-h03-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

NSの欧州市場午前。まもなくWTOが始まると思うが結果のアナウンスは何時になるのかは不明。今日は日中からスマイルカーブの変化が興味深い。この時間はNTM~OTMプットが盛り、FOTMは剥げる山型となっている。

 

日中お昼過ぎのスマイルカーブとは真逆(前号のレポート参照)の形。前号のレポートのWINとLOSEのスプレッドの例を元に、どのスプレッドが利益を生み、損失となっているか脳内でシミュレーションをしてみよう。

 

スポンサーリンク

2020.01.31(金)00:45 NY市場午前

 

■L114-h04-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L114-h04-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

NYタイム午前。地味に持ち直していた米株だがこの時間になって急落。合わせて先物も急落しザラ場安値と並んだ。プットのIVは+2%ほどの大盛り。ホールド中の「」の評価は更に拡大した。

 

今のは「」っぽく見えなくもなかったが、もう少し下がありそうな気もする。とりあえず一旦の底にはなりそうな雰囲気。いやどっちやねんと突っ込まれそうだ。つまりよく分からなくなったということなので、ここはプットIVが盛り終わり、」のカックンが見えたタイミングで返済してしまおう。

 

」のカックン?

さて、表題にある「カバード・プットの鉄板エントリーのタイミングとは?」だが、これは紛れもなく「プットが盛りのピークを付け剥げ始めたとき」だ。

 

Lv0074【カバード・プットの鉄板エントリーのタイミングとは?精度を高めるコツやテクニック】+177,000 JPY
2018年の年末までレポート内で「いつものアレ」というと「プロテクティブ・コール」のことを指していた。しかし今は「カバード・プット」となりつつある。 どちらも「ミニ売り」が入るスプレッド……

 

大抵のケースでは最も盛るプットは高次グリークである「ボンマ = vomma」(ベガベガ、別名ボルガ = volga)が最大値を示す位置だが、それはおよそデルタ-0.1のストライク(このストライクのことをわたしは勝手にErisPと名付けている)の付近だ。盛るも剥げるもこの位置が最も激しく変化する。感覚で覚えておくと便利。

Lv0068【プロテクティブ・プットを「ギルドの訓え」通りに】 +65,000 JPY
"僕は底で買おうとはしないし、天井で売り抜けようとも考えない。機が熟すまでトレードはしない。ここだという時しかトレードしないから大きく損もしない。そんなやり方がプロのトレードの典型だ。多くのトレーダー……

 

2020.01.31(金)01:00 全返済

 

■L114-h05-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L114-h05-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

」のカックンきた(画像に示した位置)。即座に全返済。次のタイミングを狙っていこう。

 

2003M @+3枚 23130.00円 → 返済 22860.00円 (-81,000円)

2002P22000 @+3円 67.00円 → 返済 135.00円(+204,000円)

今回確定損益 +12,3000円

合計確定損益 +123,000円

 

2020.01.31(金)10:15 その後、明けて東京市場

 

■L114-h06-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L114-h06-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

朝方に「WHO緊急事態宣言、ただし人の移動は制限しない」と何とも???なアナウンスが流れ、金曜日の東京市場は大幅反発。この時間の先物は+400円高となっている。

 

」の追跡「」の画像をうpしておこう。昨晩に返済した「」は明けて東京市場前場この時間では損失となっている。「プロテクティブ系は鮮度が命」、返済のタイミングはエントリーのタイミングよりも重要なのかもしれない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。以下の「関連レポート」も合わせてよろしくお願いいたします。ゑもんレポート内の「お探しもの」「4つのシリーズ」別の新着記事はサイトマップをご覧ください。ご意見・ご質問などはギルド集会所からお気軽にどうぞ。
このレポートをシェアする
ゑもん。をフォローする
ゑもんレポート【日経225オプション取引戦略編】-ブログ版-