Lv0065【ロング・ストラングルを組んで逃げるように返済した話】+24,000 JPY

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

“おそらく一番良いのは、実際の売買決定を自分ひとりで下して実行し、自分の中で悪いトレードの責任を負い、良いトレードの功績を認める方法だろう”≪ジェラルド・アペル≫

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019.03.19(火)18:35 ロング・ストラングル 欧州市場午前

■L65-h01-01日経225先物チャート

NSの日経先物は堅調にスタート。21500円のレンジ上値をジリジリと攻めている。

 

■L65-h01-02IVスマイルカーブ

」を明日に控えたNSのIVはどのような変化となるか。

 

■L65-h01-04ペイオフダイアグラム

■L65-h01-05日経225オプションポジション残高

日中にはカバード・コールを返済した足で、NSは本レポート初登場となる「」をエントリー。

Lv0064【僕たちにはカバード・コールという頼れるクールな味方がいる】+52,000 JPY
"マーケットで儲けるためには、損切りは素早く、利食いは遅くすることが重要だ。しかし人間は損をする局面ではリスク志向的になり、得をする局面ではリスク回避的になる。つまりほとんどの人は、トレーディングの黄金律とはまったく逆の行動をとるのである"≪バン・K・タープ≫ 2019.03.15(金)22:45 カバード・...【つづきを読む】

 

個人的に「」は難しいと感じているスプレッドで、なかなかエントリーするタイミングが掴めない。盛りを取りに行くとき大抵は「」か「」で、コールもしくはプットの盛りを個別に狙い撃ちしてしまう。

 

今回は先物水準が21500手前にあり、スマイルカーブの画像にあるように21500に大きい「」がある。ここを突破されるとIVはコール・プット共に盛る「」となるはずだ。また反落やヨコヨコでも明日に控える「」の警戒から剥げることはないだろう。なんなら「」盛りもあるかもしれない。もちろん日経先物が上下に振れればガンマも付いてくる。

 

また「」を控えているが、明けて東京市場は休場となるために東京は結果を織り込めない。つまり明日の日中にオプションのヘッジ需要があるのではないだろうか = 盛り要因。カレンダー的にもここで「」はアリと思う。

 

ゴチャゴチャと書いてしまったが、ようするに日経先物がどのような展開となっても、「」がセータ以外でやられることはないであろう、という算段。OTMコールとOTMプットのロングなので積んでいるプラスのベガ値は十分だ。もちろん大きく剥げたら目も当てられない評価損となるが、先に述べた理由から今回はたぶん大丈夫だろう。

 

以前にもどこかで書いた合成グリークスのベガ値に関して改めて書くと、ペイオフダイアグラムの画像の「Vega 54.61」という値は、IV1%当たりの増減に対する評価損益の増減が「54.61円」ということ。±1%でポジション評価は±54,610円だ。

 

なおオプショントレード的に「」と「」を区別する意味がないので、本レポートのカテゴリーでは「」とまとめている。

ロング・ストラングル、ロング・ストラドル
【ロング・ストラングル、ロング・ストラドル】のタグ付け記事一覧 Lv0075【プット・バック・スプレッドとミニ売りが絡むオプションスプレッド戦略を駆使して下落相場を凌ぐ1つの方...【つづきを読む】

 

2019.03.20(水)10:30 中国市場オープン

■L65-h02-01日経225先物チャート

明けて東京市場午前。15mチャートでは上下ヒゲが長くなってきた印象。明朝に「」、明日は休場となる。

 

■L65-h02-02IVスマイルカーブ

1%弱の盛り推移のIV。

 

■L65-h02-04ペイオフダイアグラム

■L65-h02-05日経225オプションポジション残高

昨晩NY市場では21500円乗せもあるかと思われたがタッチして反落。今のところ今週のレンジ下限付近で停滞している。しかし下抜けそうな雰囲気でもない。もしレンジ内にもとい、反騰が始まるとドッサリ落ち始めるパターンではないだろうか。「」をどうするか決断するときだ。

 

IV推移を見れば分かるとおりポジションにベガ益が乗っているのは間違いないのだが、ペイオフダイアグラムの画像を見ると「U字」の底辺が水平ゼロラインにほぼ接地しており、ベガ益をセータ損で相殺してしまっていることが分かる。また垂直ライン(先物現値)の右に「U字」の底辺があり、交点は水平ゼロラインの上にあるので評価益となっていることがわかる。つまり現在のこのポジションの評価益はガンマによるものだ。とすると、相場の向きが変わるとガンマ益は一気に消失する。加えて剥げてしまったらベガ益も消失し、ポジション評価はマイ転させてしまうだろう。

 

結論。微盛りしているこのチャンスにホールドしていた「」は返済、というか逃げてしまおう。

 

このように合成グリークスはポジションが抱えているリスクを示しており、ペイオフダイアグラムは合成グリークスを視覚的にわかりやすくしたもの。わたしにとってオプション取引を執行していくのに欠かせないツールの一つだ。「ギルド」で無料配布している「」というエクセルで動くツールを改造して作っているので、ご興味ある方はダウンロードしてみてはいかがだろうか。一気に先物オプション取引の世界が広がると思う。

スマイルキャッチャーsc0.64.rdx/ダウンロード
ギルドの皆さま、こんばんは。レポ主の上野原土下座ゑもん。です。 ただいま当ギルドでは、当時の開発者・著作権者の方々の多大なるご協力のもと伝説の日経225オプション取引用売買支援ツール「スマイルキャッチャー」の最終更新版(sc0.64)の復刻配布を行っております。 スマイルキャッチャーは日経2...【つづきを読む】

 

2019.03.20(水)10:50 全返済

■L65-h03-01日経225先物チャート

■L65-h03-02IVスマイルカーブ

逃げるように全返済完了。自信満々で1%は盛ると思っていたが、だいぶ甘い読みだった。今回はたまたま下げターンとなりガンマに助けられたが、

1904C22500 @+3qty 26.00 -> close 22.00 JPY (-12,000 JPY)
1904P20250 @+3qty 49.00 -> close 61.00 JPY (+36,000 JPY)
This profit and loss +24,000 JPY
Total profit and loss +24,000 JPY