スマイルキャッチャーsc0.64.rdx/インストールと起動

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマイルキャッチャーのzipファイル展開

1.ダウンロードしたスマイルキャッチャー「sc0.64.rdx」(x以降はバージョンにより異なります)を右クリックし、「全て展開(T)」を選択します。

スマイルキャッチャーのダウンロードはこちらから


 

2.「展開(E)」を押し、展開します。

 

3.展開したフォルダを開きます。

 

bs.dllの配置

4.展開したフォルダを開くとファイルが4つ出てきますので、このうち「bs.dll」を右クリックしコピーします。「bs.dll」は某SEさんの著作物です。当ギルドでは企画開発者の方々の許可を得て同封・配布をしております。

 

5.「C:\Windows」 を開きます。まず「Windowsボタン」を右クリックし「ファイル名を指定して実行(R)」を選択します。

 

6.開いた「ファイル名を指定して実行」ウィンドウに「C:\Windows」を入力し「OK」ボタンを押します。

 

7.開いた「C:\Windows」ウィンドウの上で右クリックし、先程コピーした「bs.dll」を貼り付けます。以前にスマイルキャッチャーやIvolatを使用したことがあるなど、既に「bs.dll」の配置を完了しているPCではこの作業は不要です。

 

8.「C:\Windows」直下に「bs.dll」が正しく配置できたか確認してください。

 

楽天RSSの準備

9.以下の楽天証券のサイトを参考に「Realtime Spread Sheet」のアドインをエクセルに追加してください。

楽天リアルタイムスプレッドシート>RSS準備編

 

スマイルキャッチャーの起動

10.楽天証券から提供されているアプリ「MarketSpeed」()にログインし、更に同時に提供されている「RealtimeSpreadSheet」(通称、楽天RSSもしくは単にRSS)もダブルクリックし起動します。

 

11.先程4.で展開したフォルダ内の4つのファイルの内、「sc0.64.rdx」をダブルクリックし、スマイルキャッチャーを立ち上げます。PCの性能によってスマイルキャッチャーの起動に若干時間がかかる場合があります。

 

12.エクセルの起動後、セキュリティの警告が出る場合は「コンテンツの有効化」をしてください。また「このブックには、安全ではない可能性のある外部ソースへのリンクが1つ以上含まれています」と警告が出る場合は、「更新する(U)」のボタンを押してください。

 

アドインのアクティブ化

13.スマイルキャッチャーの使用・改良にはアドインが必要な場合があります。「分析ツール」と「分析ツール-VBA」の2つのアドインのアクティブ化をしておくことをお勧めします。

 

スマイルキャッチャーのアンインストール

14.スマイルキャッチャーをアンインストールするには、ダウンロードしたフォルダと「C:\Windows」直下に配置した「bs.dll」を削除してください。

 

スマイルキャッチャーが重い場合

スマイルキャッチャーが重いのはエクセルの仕様です。できるだけ軽量化に努めておりますが、これ以上は難しい状況です。どうしてもエクセルの重さが我慢できない場合は、ドリラーさんが提供されているpython版ivolatを入手してください。タブレットPCでも動くくらい軽量です。

 

エクセルのバージョンの確認

スマイルキャッチャはエクセル64bitでは動作しません。32bitでご利用ください。またエクセル2007以上が必須です。

 

以上でインストールと起動の解説を終わります。おつかれさまでした。