■おしらせ/2019.09.10■ オプショントレードはコレを見ないと始まらない!「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Sc0004【スマイルキャッチャーsc0.64.rdx/限月ロール手順】

 
Dogezaemon Uenoharaをフォローする
この記事は約4分で読めます。

」の限月ロール設定の手順を解説します。毎月ご自分で限月ロールをすれば、使いやすいように改造した「」をインフラが崩壊するまで使うことができます。今回は「期近1901限」から「期近1902限」へ限月ロール作業を例に解説を進めていきます。

 

まず普段通りに「」と「」を立ち上げ、「」を起動します。

 

」のダウンロードはこちら

 

Sc0001【スマイルキャッチャーsc0.64.rdx/TOPページ・ダウンロード・関連リンク集】
ギルドの皆さま、こんばんは。レポ主の上野原土下座ゑもん。です。 ただいま当ギルドでは、当時の開発者・著作権者の方々の多大なるご協力のもと伝説の日経225オプション取引用売買支援ツール「スマイルキャッチャー」の最終更新版(sc0.64)の復刻配布を行っております。 スマイルキャッチャーは日経2...【つづきを読む】

 

」を起動手順はこちら

 

Sc0002【スマイルキャッチャーsc0.64.rdx/インストールと起動】
【重要】「スマイルキャッチャー」をダウンロード後、まず readme.txt をしっかりとお読みいただき、ご納得の上ご利用ください。動作必須条件も合わせてご確認ください。 ・スマイルキャッチャーのzipファイル展開 1.ダウンロードした「スマイルキャッチャー」「sc0.64.rdx」(x以降はバージョンによ...【つづきを読む】

 

1.削除されるデータのコピー

」の限月ロールを実行すると削除されてしまう部分がありますので、あらかじめコピーしてデータ保全をしておきます。

「現在値」シートのE列7行目以下、またA列・B列・C列も削除されますので、使用している場合は同様に別シートなどに値のみ(テキストのみ)コピーし、データの保持を行ってください。「」の運用でA列・B列・C列・E列を特に使用していない場合は、この作業は必要ありません。

 

2.新限月の設定

「設定」シートの「SQ日選択」(B8、E8、H8の3か所)のプルダウンメニューからそれぞれ新限月を選択します。

 

3.ATMとデータ取得範囲の設定

「ATM」(C10)と「ATMから上下」(D10)の値を入力します。

オススメの「ATM」値の設定は、先物現在値を1000円単位で切り捨て、更にマイナス1000円した値を入力すると良いでしょう。これは楽天RSSのデータ取得上限数を勘案し、コールFOTMよりもプットFOTMの方を多くデータ取得したいので、ATMの設定値を現在値より下方にずらして調整するためです。例えば先物現在値が19500の場合、ATMは18000と設定します。ここは厳密なものではなくアバウトな感じで構いません。

「ATMから上下」の値は特に理由がなければ、デフォルトのまま「5000」にしておいてください。

 

4.「取得」ボタンを押下

ここまで入力が終わったら「取得」ボタンを押下し、その後のメッセージで「はい」を選択します。
処理が走っている最中に「何も入力されていません」と連続してメッセージが発生する場合は、メッセージが消えるまでキーボードの「Enter」キー長押しをして回避してください。

 

5.データの取得に失敗した場合

画像のようにB12およびD12以下に値が全く表示されない場合は、マーケットスピードを再ログインしてから、再度「取得」ボタン押下から試行してください。期先に「N/A」と表示されているセルがある問題は、次の項目で回避しますので今はそのままで問題ありません。

 

6.不要なデータ取得を回避

先述のように楽天RSSにはデータ取得上限数があります。「3.」で設定した範囲の全ストライクのデータを取得すると上限に引っ掛かりますので、通常の取引ではまず不要と思われるDITMを削除して、この問題を回避します。

 

B列12行以下、コールは最安ストライク(13000)~4000円分(16875)までをキーボードの「Delete」キーで削除してください。

D列12行以下、プットは最高ストライク(23000)~2000円分(21125)までをキーボードの「Delete」キーで削除してください。

この作業を3限月全ての限月で行ってください。

 

セル内には関数が入っていますが、思い切って「Delete」してしまって構いません。これで楽天RSSデータ取得上限の問題は回避でき、快適に「」が動きます。開発当初の「」ではこんなことせずとも問題なかったのですが、125円刻みのストライクが誕生しデータ取得数が倍増したことで、このような方法で対応するのが今のところベターです。

 

7.コピーしておいたデータを復元

あとは「1.」で退避しておいたデータの内、旧期近のデータを除き、旧第2限を新第1限として該当のセルに値のみコピーします。これでロール作業は終了です。

 

」の限月ロール設定の手順の解説は以上になります。おつかれさまでした。