■おしらせ/2019.09.10■ オプショントレードはコレを見ないと始まらない!「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Lv0024【プット・バック・スプレッドで世界同時株安を凌ぐ1つの方法(第2幕)】+924,000円

 
Dogezaemon Uenoharaをフォローする
この記事は約5分で読めます。

第一幕の続き……

 

Lv0023【skewの変化を見ていると……プット・バック・スプレッドを組むタイミングを解説(第1幕)】+924,000円
今回のレポートは世界同時株安の局面で七転八倒している様子がうかがえる。単純に暴落=「プット・バック・スプレッド」とはいかない難しさをご覧いただき、今後のトレードの参考にしていただければと思う。2018.10.6(土)01:15 プット・バッ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018.10.9(火) 15:05 経過

 

 

大引け、日中はほとんど動きがなかった。上昇トレンドが一服した今、再び東京市場の主体性はなくなった。先物の動きはなかったがIVは期近のプットが大きく剥げた。これは何を意味しているのか。

 

 

skewは寝たままなのでもちろん損益は悪化。この「」が今後どのように変化していくのかジックリ観察していこう。

 

ちなみに売玉がINした。他のギルドなどでは「絶対に売玉をINさせてはならない」と言っている人もいるが、何を怖がっているのか、全く問題ない。

 

INした玉のガンマは既に最大値だし、ベガの上昇はOTMに比べて緩やかだ。もし返済時に板が薄くても「」で簡単で逃げられる。だから売玉のINを怖がる必要はない、むしろOTM以遠の売玉の方がよっぽどコワイのだ。と、

 

ぜひ以下のレポートも参考にしていただきたい。

 

暴落 = 、と脊髄反射してはいないだろうか。今回はそんな思い込みを180度変えるレポート。

Lv0079【暴落で爆益?クズOP職人に学ぶプット・バック・スプレッドの真価】+75,000 JPY
暴落 = プット・バック・スプレッド、と脊髄反射してはいないだろうか。今回はそんな思い込みを180度変えるレポート。 2013年のある日、※「ギルド集会所」での会話。クズOP職人であるギ……

 

どうしてこれ程まで一気に評価が変動したのだろうか。答えは先の問題と同じグリークスにある。ぜひ09:20と10:50の画像を比較検証していただき、答えを出していただきたい。

Lv0088【必見!利食い失敗パターン、プット・バック・スプレッドvsプロテクティブ・プット比較(世界同時株安2019.08)】-42,000円
今回のレポートは前号のレポートの続き。オプション取引の小難しさを感じるレポートだ。 前号のレポートはこちらから。 ポジションは前号よりストライクをFOTMに……

 

2018.10.10(水)23:55 プット・バック・スプレッド解体

 

 

むむ。なんかコレ、様子がおかしいのキテル。。NYスタートと共に急落してきた。ちょっとスプレッドを組んでいる場合ではない相場かも。

 

 

オプション売玉を持っていてはいけない相場がキテル気がして、売玉を返済。「」は「」、ポジションは「」に。

 

1811P23500 @-1枚 430.00円 → 返済 590.00円

解体コスト-160,000円

 

2018.10.11(木)04:25 経過

 

 

コレマジデスカ。日経-500円超。 10月2日に24480円まで上げた日経平均先物は、いま23000円まで戻してしまった。ダウは-700ドルとチャートは血の涙。このまま明けて東京市場の寄り付きを迎えると激盛り確定。

 

 

夜が明ければ最終取引日の10月ギリ、沸騰直前まったナシ。期先のプットの温度はまだ70℃くらい。

 

 

ポジションは「」なので、ペイオフダイアグラムなんかを見てもしょうがないのだけど一応。

 

 

期近盛りのせいでゴチャついて良くわからない「」。

 

」時間帯ということもあって、板にボチボチと「」発が付き始めた。夜が明ければ10SQの取引最終日、「」というか「」というか大変なことになりそうだ。何よりも眠いが寝れないのがツラい。こんなとき「」とはトレーダーのことなのだとつくづく思う。

 

05:30 経過

 

 

NS引けにかけて下げ幅拡大。日経先物-700円の-3%超、ダウも-800ドルの-3%超。今のところリバウンドがないのが本当に「」。

 

 

半年に一度程度しか起らない事象なので、オプションボードの画像も記録しておこう。どのストライクが跳ね上がっているか覚えておくと、次回の取引に役立たせることができると思う。

 

09:00 東京市場寄り付き

 

 

東京寄り付き。一応、お約束なので。

 

 

ご覧の通り、測定不能のスマイルカーブ。オプションは値段無視の踏み。

 

ちなみに、こんな時にINしてしまったストライクの売玉のあまり並んでない板を探し、スッ高値で注文を出すと……最近ではアルゴが動いていて厳しいかもしれないが、一度試してみると面白い。残酷なようだがこの商売そういうこと、と、これも「」。

 

ポジションはとりあえずホールド。

 

第三幕に続く……

 

Lv0025【世界同時株安は終わっていなかった/プット・バック・スプレッドとプロテクティブ・プット(第3幕)】+924,000円
第二幕の続き……2018.10.11(木)9:20 一部返済資金管理の一環でプット裸買いを一部返済しコスト回収。1811P200@4枚25.00円 → 71.00円返済コスト+184,000損益合計+24,000