Lv0023【プット・バック・スプレッドで世界同時株安(2018秋)を凌ぐ一つの方法(第一幕)】+924,000円

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018.10.6(土)01:15 エントリー

今週は月火ダマし上げ・水木金下げのパターンとなった。金曜NYタイムのこの時間になって前日安値を更新。もしかしたらこの水準23500円近辺でレンジの下限を形成するのかもしれない。

 

コールの激盛りがATMまで伝線している。プットOTM以遠はまだ無反応。レンジの下限付近で反発を想定すると、盛っていたコールは剥げ上がるはず。

 

しかしVIXが急上昇していることや市況や雰囲気を考えると、いま迂闊にボラティリティを売るのは危険だ。まして三連休前。

 

よって単純に盛っているコールを売って先物をロングするカバード・コールや、コールの期近を売って期先を買うコール・カレンダー・スプレッドなど、ショートスプレッドという選択肢はない。レンジの下限だがオプションは売れない、こんなときは、プロテクティブ・プットもしくはプット・バック・スプレッドだ。

 

今回はプット・バック・スプレッドを組んだ。期近は来週SQなので次限月を使い、コールから伝線盛りしているITM~ATMを売り、OTMを買う。

 

プット・バック・スプレッドはボラティリティロングのスプレッドなので、ジワジワやられることはあっても即死ポジションではない。なので三連休中、心にも優しい。

 

プット・バック・スプレッドにとって本当にうれしいのは、先物の上昇だ。そして下落に弱い。この事実は教科書には書かれていない(なんなら正反対に解説されている)

 

これは上げのP盛りC剥げ、下げのP剥げC盛りの原則が関係している。ブラックスワン級の暴落があれば原則が崩れるので話は別だが、このポジションを実践したことがあるトレーダーなら良く意味がわかると思う。

 

で、色々とゴチャゴチャ書いてはいるが、一言で言ってしまうとskewの変化のこと。先物が上げるとskewは立ち、下げるとskewは寝る。

 

それでskewの立ちを取りに行くのがプット・バック・スプレッド、skewの寝を取りに行くのが逆符号のスプレッドであるプット・レシオ・スプレッド。ただこれだけの話。

 

時間的影響を排除したスマイルカーブ。期近が期先を上回っており、来週の波乱を予見しているようにも見える。FOTMまで盛り始めたらいよいよだ。三連休明けの火曜日をお楽しみに。

 

2018.10.9(火)09:10 経過

三連休明け。昨日は金利上昇と同時株安懸念からNYタイムに23365円まで下押しがあったようだ。

 

本日の東京タイムは金曜引値から-100円程度でスタート。今のところ窓埋めはなく寄り付きから続落。また昨日は国慶節明けの中国がー3.75%となり、今日は中国市場にも連動しそうだ。

 

期近のIVはATMを中心に下落、期先はほぼ変わらず。skewも寝たまま起きず、マーケットに危機感は感じられない。

 

ジリ下げなので評価損となっている。プット・バック・スプレッドにとって最もキツい展開。

 

時間的影響を排除したスマイル。プットの期近はドッサリ落ちているのがよくわかる。

第二幕に続く……

Lv0024【プット・バック・スプレッドで世界同時株安(2018秋)を凌ぐ一つの方法(第二幕)】+924,000円
第一幕の続き…… 2018.10.9(火) 15:05 経過 大引け、日中はほとんど動きがなかった。上昇トレンドが一服した今、東京市場の主体性は再びなくなった。