■おしらせ/2019.09.10■ オプショントレードはコレを見ないと始まらない!「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Lv0041【ミニ売りリレー/逆イールドショック→ファーウェイショック→ブリグジット絡みショック~12MSQ週】+433,000円

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
Dogezaemon Uenoharaをフォローする
この記事は約12分で読めます。

なんだかすごいタイトルになってしまったが、矢継ぎ早にネガティブな材料がマーケットを襲ったMSQ週のレポート。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018.12.04(火)23:50 プロテクティブ・コール エントリー

 

 

本日のザラ場は-500円超となった日経平均。先物は22000円割れ目前まで売り込まれて引け、NSは弱い反発で+100円にも届かない。先ほどオープンしたNY市場は-100ポイント程度の下落でスタートしている。

 

 

NSのIVは前日比微プラスで推移。

 


 

。欧州タイムの反発は弱く、ザラ場に始まった下落はまだ終わっていないパターンか。、「」をエントリー。もう一段の先物下落と下げのC盛りを狙いに行くです。この時期は満期が迫っておりオプションロングはセータがキツいが、「」の通り「」しよう。

 

2018.12.05(水)02:15 ダウ急落-400ドル超 経過

 

 

やはりキタか。ジリ下げ基調だったがこの時間になって米株主要3指数が揃って急落。

 

 

急騰するコールIV。

 


 

ポジションはホールド。それにしても毎度のことながら「」、

 

2018.12.05(水)09:35 おはぎゃー経過

 

 

昨晩のダウは結局-800ドルで引け、「」で始まった東京市場。寄り付きから30分経過したが、未だ値幅が大きく乱高下しており100円程度はあっという間に動く。市場のテーマは「逆イールド」か。今晩のNY市場は臨時休場となる。

 

 

VIXは再び20ポイントに乗せてしまった。昨晩NYタイムからは剥げてきている。

 


 

ポジションはホールド。10:30からの中国の反応も見てみよう。

 

2018.12.05(水)10:40 フルヘッジ・ブル・シンセティックに変形

 

 

中国市場、-1%超でオープン。この感じだと下げ幅を縮小しそうだ。

 

 

東京市場が始まってからは小動きのIV。

 


 

1812P21250@-2枚122.5円、ポジション追加。プロテクティブ・コールにプット売を追加し、スプレッドを「」に変形した。デルタはロングに調整。

 

2018.12.05(水)11:00 カバード・プットに変形

 


 

コール買玉を返済し、スプレッドを「」から「」に変形。少し出遅れたがポジションはベガ・ロングからショートに「」、プットの剥げを狙うサイドに回ります。デルタは大体ニュートラル。

 

1812C23000@6枚 26.00円 → 返済 19.00円 (-42,000円)

返済コスト -42,000円

損益合計 -42,000円

 

2018.12.05(水)12:55 プット売玉追加

 

1812P21250@-1枚120.0円、プット売玉追加。再びデルタをロングに調整。相場荒れにつきスクショは取れずゴメルーちゃ。

 

2018.12.05(水)15:00 半値リバ東京大引け 経過

 

 

東京市場大引け。日経先物は昨晩の安値21575円から300円程リバウンドして終えた。さて今晩のNY不在のNSはどのような推移となるのだろうか。

 

 

IVは昨晩の5%の急騰時からダラダラと低下してきているものの、1%前後のプラスで引けた。

 


 

ポジションはホールド。NY不在のNSの様子を見ながら必要なら調整していこう。

 

2018.12.06(木)10:10 ファーウェイショック始動 プット売返済

 

 

東京市場が寄り付いて1時間。朝方時間外でにダウが一瞬で-500ドル下落しすぐ半値戻しする事案があった。「ファーウェイCFOがカナダで逮捕」という米中貿易摩擦絡みのニュースが材料だが、日経平均も寄り付きから-200円のギャップダウンでスタート。寄り付き後も下落は止まらない。

 

 

東京市場のオープンから大きく盛ってきたIV。

 


 

プット売を返済し、ポジションはミニ売りのみ。ニュースを過小評価しプット売の返済がこの時間まで遅れたのはイタい。おかげで評価益は全て吹き飛んだので、また一から立て直しだ。そもそも昨日のベガ・ショートに回った判断は大失敗だった。とりあえず前場は何もできないかな。それにしても昨晩の米休場の静かな相場からの突如「」なので疲れますよ……ブツブツ

 

1812P21250@-3枚 121.66円 → 返済200.00円 (-235,000円)
返済コスト -235,000円
損益合計 -277,000円

 

2018.12.06(木)15:00 ファーウェイショック東京大引け 経過

 

 

今日はファーウェイショックだった。安値は21300円で昨晩NY引けからは-600円。大引けは200円程度リバウンドして終えた。簡単に値が飛ぶ非常に不安定な相場だった。引き続きNSもオープンから目が離せない。チャートの縦長ヒドい。

 

 

特盛のIV。

 


 

ポジションは「」をホールド。プットを売り直したいがこれでは手が出せない。

 

2018.12.07(金)01:35 叩き売りのNY 経過

 

 

NYタイムもリバウンドらしい反発もなく、ただひたすら叩き売られている。これは大変な相場に突入してしまった。

 

 

大引けから+3%前後盛るIV。

 


 

」をホールド。というか激しすぎて手が出せない。本当に。

 

2018.12.07(金)01:55 再度カバード・プット

 

 

ヨーロッパ市場がまもなく引けるが、先ほどまでの日経先物のしつこい叩き売りが止まり急に板が静かになった。そしてリバってきた。なんなんだ。

 

 

一旦の底入れっぽいプットIVの急落。

 


 

プット売りをエントリー。ポジションは再度カバード・プットへ。21500円前後のリバウンド着地を見込んでデルタ・ロング。

 

2018.12.07(金)14:25 東京(メチャクチャ)まもなく大引け 経過

 

 

昨晩のダウはマイナス800ドルからのほぼ全戻しとメチャクチャな相場。本日の東京ザラ場はその流れを受けて堅調に推移。昨晩にプット売を入れてなければ大ヤラレでしたわ。まさに一喜一憂。今晩は「」を控えている。

 

 

ATM~コールが剥げ。先物が上昇していることからプットは盛り残っている。

 


 

昨晩の底入れのタイミングは間違えていなかったようだ。「」を組んだ時点のデルタ・ロングは、予定着地地点を通り過ぎてデルタ・ショートに傾いているが、とりあえずポジションはホールド。

 

2018.12.08(土)01:20 12月雇用統計通過後のNY市場

 

 

」を通過しNYタイムに入ると売り再燃。ダウは-400ドルー1.6%を超えてきた。ホント疲れる。

 

 

」後に剥げたが、売りが再燃すると盛り返してきた。今日も昨晩反転した01:30過ぎで叩き売りが止むのか観察してみよう。

 


 

ポジションはホールド。このまま「」の予定。

 

2018.12.10(月)09:40 月曜日の東京オープン プット売返済

 

 

 

月曜日の東京市場がオープン。日経先物は100円下窓でスタートし、150円程の値幅で乱高下中。既に-400円ー1.8%となっている。今週はMSQ週で大荒れとなりそうな雰囲気を感じるスタート、この相場はもうダメだ。

 

 

金曜のNYタイムよりは剥げているが、前日比較では盛り継続。VIXは23ポイント台で引けている。

 


 

プット売ポジションは返済。ポジションは再び「」のみ。

 

1812P20500@-3枚133.33円 → 返済97.00円 (+109,000円)
返済コスト+109,000円
損益合計 -168,000円

 

2018.12.10(月)10:25 プット裸買エントリー

 

21300円までリバウンドで窓埋め。プットが剥げたところで1812P2000@+5枚38円、プット買エントリー。+プット裸買なので、もはやオプションスプレッドでも何でもなく、ただのデルタショート。まもなく中国到着。

 

2018.12.10(月)10:40 乱高下の前場 経過

 




 

ちょっと相場が荒れていて先ほど画像の記録ができなかったので、とりあえず現在の画像だけうp。

 

2018.12.10(月)13:20 プット買返済

 

先物はザラ場安値付近に張り付いているのだがプットの剥げがキツくなってきた。一旦プット買玉は返済。うまく乗れず。

 

1812P20000@+5枚38.00円 → 返済39.00円 (+5,000円)
返済コスト+5,000円
損益合計 -163,000円

 

2018.12.10(月)14:30 安値張り付きの東京まもなく大引け 経過

 

 

まもなく大引け。今のところ安値に張り付いたまま落ち着いた値動き。

 

 

先物の動きが止まりプットは前日比まで剥げ。

 


 

ポジションは「」をホールド。

 

2018.12.10(月)19:15 再度カバード・プット

 

 

NSも狭いレンジが続いている。

 

 

P盛りC剥げ。

 


 

盛ってきたプット売をエントリーしてポジションは再度「」へ。

 

2018.12.11(火)09:50 乱高下は終わらない東京寄り付き 経過

 

 

昨晩のNYタイムにEU離脱案の採決を延期するという英国発のニュースが流れ、ダウはマイナス500ドルまで急落。その後に全戻しするという乱高下。日経先物は21000円を割り込むまで売り込まれた。逆イールド→ファーウェイショック→ブリグジット絡みショック、次から次へと何なんですか。

 

 

IVはブリグジット絡みの急落時こそ急騰したがリバウンドに合わせて急落し、その後は剥げ推移。次限へロールが進んでいる印象。

 


 

ポジションは「」をホールド。

 

2018.12.11(火)14:30 レンジ推移まもなく東京大引け 経過

 

 

後場は特に材料もなくレンジを狭める展開。

 

 

プット・コール・ATM共に剥げるもプットの剥げがキツくー4%に迫る。

 


 

ポジションは「」をホールドだが、手のひら返し相場なのでNSも厳重警戒態勢。

 

2018.12.12(水)00:05 NY市場オープンでデルタ勝負のコール売玉追加

 

 

NSから日経先物は欧州市場に連れて既に+400円と堅調に推移。21500円の節目をタッチした。

 

 

NSオープン後は上げの全盛りとなっていたが、この時間になってコールは剥げてきた。プットの盛りは維持。

 


 

ここまで欧州市場に連れて堅調に推移し節目の21500円まで上昇してきた日経先物だが、今週は日付が変わるこの時間からが怒涛の叩き売りタイムとなっている。景色が180度変わる可能性があるので、今から目が離せない。むしろNSのこの上昇は信用していない。

 

デルタ・ニュートラルだったカバード・プットは先物が上昇してきたことでデルタ・ショートに傾いた。しかしコール売玉を追加し、更にデルタ・ショートを積んだ。もはやボラティリティ・トレードではなく「」のポジション。今日は「」なのだ。

 

2018.12.12(水)02:00 一部返済しポジションを縮小、再度カバード・プット

 

 

ダウの下落に連れ日経先物も下落。やはり21500円が一旦の天井となったようだ。と「」で書いてみる。

 

 

満期直前ということもありIVは荒い動き。と言っても、この時期になるとインするかしないか(先物の動向)の問題だけになりIVやグリークスは無視されることも多いので、過度にスマイルを気にすることはない。

 


 

これまでの相場とMSQの関係で今日明日は大荒れになると思っておいた方が良いだろう。ダウがプラス圏を全溶かししたところでポジションを縮小。とりあえずデルタをニュートラルに戻し様子見。

 

1812C21750@-2枚85.00円 → 返済57.00円 (+56,000円)
1812M@-2枚22120.00円 → 返済21380.00円 (+148,000円)
返済コスト+204,000円
損益合計 +41,000円

 

2018.12.12(水)05:15 激しい乱高下に精神をヤラれ全決済

 


 

ちょっと何が起きているのか良くわからないけどさすがの「」、VIXは26%。日足で見れば所詮レンジ内なのだが値幅を伴った乱高下が激しすぎる。ちょっとこのポジションでは明日を乗り切れる自信がないので全決済した。仕切り直しでまた明日出直そう。それにしても随分と「」を使いまわしたもんだ。

 

1812M@-3枚22120.00円 → 返済21415.00円 (+212,000円)
1812P20750@-2枚120.00円 → 返済30.00円 (+180,000円)
返済コスト+392,000円
損益合計 +433,000円