■おしらせ/2019.09.10■ オプショントレードはコレを見ないと始まらない!「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Lv0058【コール・バック・スプレッドで三連休明けの寝skewを狙う】+61,000 JPY

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
Dogezaemon Uenoharaをフォローする
この記事は約5分で読めます。
“トレーダーを真剣にするのは、利益ではなく損失である。マーケットでの行動について、自分の知識を向上させる為に、あらゆる間違いを利用すること” ≪バートン・H・ピュー≫

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019.02.12(火)10:40 コール・バック・スプレッド エントリー

 

■L58-h01-01日経225先物チャート

 

三連休明けの東京市場はロケットスタート。週末からマーケット環境が改善したことを受けて、寄り付きは買戻し優勢の展開。為替は110円を回復し、110円50銭まで戻している。

 

■L58-h01-02IVスマイルカーブ

 

三連休が明けてマーケット警戒感が和らぎオプションは投げ売り。IVはコールOTMを中心に「」2%ほど落ちて全剥げ。

 

■L58-h01-04ペイオフダイアグラム

■L58-h01-05日経225オプションポジション残高

 

」をエントリー。三連休明けの剝げからの盛り返しを狙います。コールの寝たskewの立ち上がりを取りにいくということ。

 

」は、、「」の兄弟スプレッドだ。この兄弟スプレッドは、もっと評価されても良いのではないかと常々思っている。地味すぎるからだろうか非常に優秀なスプレッドにも関わらず、どういう訳か活用する人がほとんどいないのが現状。何とももったいない。ギルド集会所の参加者さまはどんどん使っていこう。レッツトライ。

 

」の「ミニ売り」レッグが、「」では「ATMコール売り」になっていることで合成グリークスはマイルドになる。兄「」は攻撃的で、弟「」は兄よりかは温厚。兄か弟どちらをチョイスするかは、その時のスマイルカーブの状況による。優位性が高いと思われる方で組めばよい。

 

」は今まで散々やってきたスプレッドなので、「」についても特に付け加える解説もない。スプレッドを組むタイミングや注意点などは基本的には同じなので、興味があれば以下の過去記事あたりを参考にしていただければと思う。

 

Lv0039【コール・バック・スプレッド/二番底を狙う】+92,000円
"勝っている時こそ、ミス、過剰売買、過剰建玉、規則違反、あるいは、さも大胆さが必要であるかのような行動を取っていないか、疑ってかからなければならない" ≪マーク・ダグラス≫ 2018.11.22……

 

2019.02.12(火)11:50 デルタ調整

 

■L58-h02-01日経225先物チャート

■L58-h02-02IVスマイルカーブ

 

ランチタイムに500円高する日経先物。

 

■L58-h02-04ペイオフダイアグラム

■L58-h02-05日経225オプションポジション残高

 

」のミニ売りを追加。コールの売玉がITMしたが、本レポートで組まれる全てのバック・スプレッドは、売りレッグがATMを中心としたNTM~ITM。元々ITMすることが前提で組まれているので、仮にDITMしても問題は起きない。

 

もし返すときに流動性がない場合は「」で対応できる。と、。バック・スプレッドはおかしなストライクで組まないように気を付けよう。

 

2019.02.12(火)13:45 デルタ調整

 

■L58-h03-01日経225先物チャート

■L58-h03-02IVスマイルカーブ

 

日経先物は午後に一段高。コール・プット共にIVはジワジワ盛り返してくる展開。

 

■L58-h03-04ペイオフダイアグラム

■L58-h03-05日経225オプションポジション残高

 

思惑通りにIVが盛り返してきたことでデルタがロングに傾く。先と同様にミニ売りを追加しデルタ調整。

 

」は「単純にデルタがロングかショートに傾いたらミニを当てる」といったものではなく、「」的にちょっとしたコツがある。コツを押さえた「」をすることでスプレッドがクリティカルヒットした際に、ポジション評価を劇的に向上させることができる。

 

コツなどと言っても大げさなものではなく、やり方はパターン化しており機械的なものとなっているので、過去記事を参考にしていただければすぐにわかると思う。

 

2019.02.12(火)17:00 欧州市場オープン デルタ調整

 

■L58-h04-01日経225先物チャート

■L58-h04-02IVスマイルカーブ

 

欧州市場がオープン。東京タイムの午後から先物は小動きなのだが、IVは盛り推移。

 

■L58-h04-04ペイオフダイアグラム

■L58-h04-05日経225オプションポジション残高

 

先物は動いていないがIVは盛り推移なことから、コール・バック・スプレッドのデルタが再びロングに傾く。機械的にミニ売りを当てて「」を行う。

 

先に「」と「」は兄弟スプレッド、と書いたが、デルタ・ヘッジのミニ売りを当てた時点で両スプレッドはフュージョンし、より強いポジションとなった。どういうことか分かるだろうか。

 

2019.02.12(火)23:40 NY市場オープン経過

 

■L58-h05-01日経225先物チャート

■L58-h05-02IVスマイルカーブ

 

今のところ日経先物もIVも小動き。

 

■L58-h05-04ペイオフダイアグラム

■L58-h05-05日経225オプションポジション残高

 

ポジションは「」をホールド。NYオープンの様子を見て返済予定。

 

2019.02.13(水)00:15 全返済

 

■L58-h06-01日経225先物チャート

■L58-h06-02IVスマイルカーブ

 

今日のNY市場はもみ合いになりそう。これ以上コールskewは立ちそうもない。このポジションはここまでのようだ。全返済。

 

1903C22000 @+12qty 11.00 JPY -> close 31.00 JPY (+240,000 JPY)

1903C20750 @-1qty 280.00 JPY -> close 430.00 JPY (-150,000 JPY)

1903M @-4qty 20770.00 JPY -> close 20900.00 (-29,000 JPY)

This profit and loss +61,000 JPY

Total profit and loss +61,000 JPY