■オプショントレードはコレを見ないと始まらない!日経225オプションIV「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Lv0152【プロテクティブ・コール|(コロナショックDay29-31)安倍首相、まもなく緊急事態宣言を発令】+712,000円

 
ゑもん。をフォローする
プロテクティブ・コール
この記事は約7分で読めます。

一本調子の下落相場は終わり、マーケットは「」のときを迎えている。マーケットはどのように変化をし、その場合に最適と思われるスプレッドはどのようなものかを慎重に探っていかなければならない。

 

今までのレポートにも繰り返し書いてきたことだが、「」で回転トレードを繰り返した後、マーケットの「」を見極めていくことはおカネを吐き出さないためにとても重要なことだ。

 

そんなことをグルグルと考えては「」で無数に「」を繰り返しているうちに、先週一週間はトレードに入るチャンスをつかむことができなかったが仕方がない。

 

今回のレポートは週末にトレードのチャンスがあったので「」をエントリーした内容。それではオプション・トレードの現場の様子を詳しく見ていこう。

 

スポンサーリンク

2020.04.04(土)05:30 プロテクティブ・コール NY市場クローズ

 

■L152-h01-01先物オプションポジション

■L152-h01-02IVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

金曜のNSがクローズし今週のマーケットが終わった。新年度入りした今週は週明けからIVが大きく剥げ散らかる展開となっており、マーケットは「」を迎えている。先物の値幅は大きいもののマーケットの緊張感は緩んできているようだ。

 

しかし日本の新型コロナ感染者数は増加傾向を示しており、医療崩壊首都封鎖ギリギリの状況は先週と変わっておらず、市中の状況は決して好転していない。

 

今週は一時-1000円となる局面もあったがプットIVは大して盛らず、多少盛って直ぐに剥げ落ちてしまった。週明けからのスマイルカーブを客観的に観察するにIV、特にプットは剥げターンに入っていると言える。よって「」のようにプットを買っていくポジションはややリスキーに思える。これは前号、前々号のレポートにも書いた。

 

前号、前々号のレポートは以下からどうぞ。

 

Lv0150【プロテクティブ・コール|(コロナショックDay22-23)ダウ+2112ドル史上最大の上昇幅】+548,000円
今回のレポートも前号の「プロテクティブ・コール」と全く同じ手筋。ただ前号は先物上昇パターンで、今回は先物下落パターンでの返済となった。「プロテクティブ・コール」は地味だが「いつものアレ」と言えるほど優……

 

Lv0151【プロテクティブ・コール|(コロナショックDay24-25)首都封鎖前夜?感染爆発寸前、緊迫の金曜ナイト】+244,000円
今回のレポートも前号と同じ「プロテクティブ・コール」の再エントリー。前号のレポートは以下のリンクからどうぞ。 それではオプション・トレードの現場の様子を詳しく見ていこう。……

 

■L152-h01-00先物日足

 

日足のチャートも載せておこう。IVは剥げターン入りだが、先物は4/1(火)に19000円中心のレンジ収れんからの長い陰線出現で一気に三角持ち合いを下抜けた。つまり二番底へ向かい始めたようにも見える。しかしわたしの場合こういうときの予想なんかは大体はアテにならない

 

週末もどうなることやら、週明けの窓(上か下かは知らんけど)を狙って「」を仕込んで「」していこう。ポジティブかネガティブかは分からないが、今の世界の状況から週末に材料が出ない方がおかしい。SQ週のお決まりの「」ということ。

 

先月03MSQ週に続き、週明けも激熱の04SQ週となりそうだ。満期一週間前なのでセータがキツいが「」でいこう。

 

SQ週のお決まりの「?以下のレポートなどが参考になると思う。

 

Ep0010【ガンマとは?無視する者は必ず破滅する|必須グリーク解説(3)オプション取引】
(目次へもどる) "投資で厳しい試練を経験して、レバレッジの危険性や損切りの重要性を学んだのは良いことだ。でもあまりそういう教訓にとらわれてもいけない。マーク・トウェインの蛙……

 

Lv0104【コール爆発!三連休明けSQ週のガンマ・トレード|リバース・コール・カレンダー・スプレッド】+210,000円
今回のレポートはいつもの「ボラティリティ・トレード」ではなく、「ガンマ・トレード」となる。満期直前の期近オプションが持つガンマの破壊力をご覧いただければと思う。 残存日数が乏しいこの時期……

 

Lv0117【(期先)プロテクティブ・コール|先物上昇で損失?理論と実践の違い】+122,000円(1/3幕)
今回はウイルス関連で23000円を割れるところまで売り込まれた相場の、リバウンド局面で行っていったトレードのレポート。何とか凌げたといったトレードだが、良くも悪くも参考にしていただければと思う。3回に……

 

Lv0137【プロテクティブ・プット|(コロナショックDay11)3月限MSQ週、寄り付き下窓20000円割れ】+248,000円
先週金曜、「プロテクティブ・プット」を返済した。 今回も同じ「プロテクティブ・プット」を2回転分。毎度の繰り返しになるので詳細は過去レポートを参照いただきたい。それではオ……

 

スポンサーリンク

2020.04.06(月)15:05 東京市場クローズ

 

■L152-h02-01先物オプションポジション

■L152-h02-02IVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

週明け月曜日の東京市場がクローズ。今週は04SQ週となる。週末に「OPEC会合、9日に延期 サウジ・ロシアが泥仕合」「安倍首相が緊急事態宣言準備、早ければ7日に発令」とアナウンスが流れた。日本は先進国で最遅の対応となる。

 

先物は+1000円の+5.5%、これは「」させた「」にとって激熱の展開となってきた。コール買玉が持つ(+)ガンマ(プラス・ガンマ、ロング・ガンマ、ポジティブ・ガンマ)が効き合成ポジションのデルタは大きくロングに傾いている。

 

通常であれば「」を当ててロングに傾いたデルタをニュートラルに戻すところ。しかし(ようやく)政治が動きだしたことでマーケットも新展開を迎えた。今回はポジションをイジらずこのままホールド。緊急事態宣言の発令までマーケットは上昇するだろう(いや知らんけど)、そんな思惑を見込んで先物の上昇に乗っていこう。プラス(+)のデルタガンマ、あわよくばベガトリプル効果で合成スプレッドの大爆発が得られるかもしれない。

 

2020.04.07(火)09:10 東京市場オープン

 

■L152-h03-00米国市場

 

火曜日の東京市場がオープン。まず昨日の米国市場。いま注目のお二人から「NY州クオモ知事、1日当たりの死者数は初めて前日より減った」「トランプ大統領、感染拡大、安定化が始まっている兆候がある」とアナウンス。欧米は感染者数の伸びが鈍化の兆しがクローズアップされ、主要三指数は押し目なく上昇を続け大幅高で終わった。

 

■L152-h03-01先物オプションポジション

■L152-h03-02IVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

東京市場の先物も上昇してスタート、19000円にタッチしたことでホールド中の「」はITM(イン・ザ・マネー)した

 

朝寄り後から反落もあるだろうが、いつものように後場引けに向けて高値を付けるパターンを想定しこのまま何も手を加えずに放置していこう。今日は19:00に安倍首相の会見(たぶん緊急事態宣言の発令)が控えている。

 

2020.04.07(火)16:45 欧州市場オープン

 

■L152-h04-01先物オプションポジション

■L152-h04-02IVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

欧州タイムがスタート。先物は一段高し、コロナショック以来の戻り高値に到達した。ホールド中の「」の巨大化したグリークスに注目だ。

 

しかし画像のスマイルカーブ上にプロットされたコール買玉のIVは先週末の「」組成時より剥げているので、残念ながらベガでは負けておりボラティリティ(IV)の恩恵に授かることはできなかった。

 

先物はまだ上値があるのかもしれないが、この後19:00から安倍首相の会見が控えている。このポジションはゴールに到達した。一旦返済してポジションを(メンタルも一緒に)リセットしていこう。

 

と、「」(涼しげに見せかけた)でレポートを書いているように見えるかもしれないが、24h止まることなく上下を繰り返すマーケットとポジション評価を前に本人のストレスは相当なもので、それは口内炎ができるほどだ、ということを付け加えておかなければならない。

 

2020.04.07(火)16:50 全返済

 

■L152-h05-01先物オプションポジション

■L152-h05-02IVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

全返済。次のタイミングを狙っていこうと言いたいところだが、わたしはしばらく逃走するかもしれない。

 

2004C19000 @+2枚 56.00円 → 返済 580.00円 (+1,048,000円)

2006M -2枚 17690.00円 → 返済 19370.00円 (-336,000円)

今回確定損益 +712,000円

合計確定損益 +712,000円

スポンサーリンク
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。以下の「関連レポート」も合わせてよろしくお願いいたします。ゑもんレポート内の「お探しもの」「4つのシリーズ」別の新着記事はサイトマップをご覧ください。ご意見・ご質問などはギルド集会所からお気軽にどうぞ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このレポートをシェアする
ゑもん。をフォローする
ゑもんレポート【日経225オプション取引戦略編】-ブログ版-