■おしらせ/2019.09.10■ オプショントレードはコレを見ないと始まらない!「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Lv0122【プロテクティブ・コール|短期ボラティリティ・トレードでコールのIV盛りを抜く!】+26,000円(1/1幕)

 
Dogezaemon Uenoharaをフォローする
プロテクティブ・コール
この記事は約4分で読めます。

今回のレポートは「」「」の模範的トレード。これぞ「ザ・」、」の(超絶)基本形、全ての「」の基礎中の基礎と思っていただいて問題ないだろう。ぜひ習得して自分のものにしていこう。

 

それではオプション・トレードの現場の様子を詳しく見ていこう。

 

スポンサーリンク

2020.02.13(木)17:20 欧州市場オープン

 

■L120-h01-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L120-h01-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

最終売買日のザラ場が終わり、欧州市場がオープン。NSに入り何やら怪しげな雰囲気に「」。新限月のオプション・ロングで少しは取れそうな感じだ。、「」をエントリーしていこう。デルタはニュートラルに合わせた。

 

スポンサーリンク

2020.02.13(木)22:10 欧州市場午後

 

■L120-h02-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L120-h02-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

■L120-h02-03板03C25000

 

」を組んでから先物は100円弱程下落してきた。しかしコールは全く減価していない。もちろんスクリーンショットの通り、板状況も問題ない。現時点ではスプレッドの両レッグ(ミニ売玉とコール買玉)がプラスとなっており(サヤが開いており)、完璧な流れと言える。ペイオフダイアグラムはゼロラインから浮き上がっており、合成スプレッドに評価益が乗っていることを示している。

 

しかし先物の下落にも関わらずコールが全く減価しないとは、どういうことなのだろうか。一般的に先物が下落するとコールは盛る、つまりこれはコールのデルタベガ(コールの盛り)の綱引きの結果である。綱引きが均衡しているのでコールのプレミアムは減価しないという訳だ。

 

Lv112スマイルカーブ

 

この画像は上のスマイルカーブの部分を抜き出したもの。①はコール買玉のエントリー時のIVをスマイルカーブ上にプロットしたもの。エントリー時より少し上方に移動していることが観察できる。②はエントリー時のコール買玉IVと現在IVの差で「+0.76%」と表示されている。①の上方に移動した分のIV値だ。

 

つまり+0.76%のIVがベガ益として合成スプレッドの評価益に内包されていることになる。これがオプション・ロングによる「」の利益の源泉だ。「ボラティリティを抜く」とはこういうこと()。

 

ベガ益の計算方法が分からない方は以下のレポートを参考に、必ず把握しておこう。

 

Lv0067【プロテクティブ・コールはテストをあえて適当に流す隠れ優等生】 +63,000 JPY
"みんないつも僕がどんなコンピュターモデルを駆使しているか知りたがるけど、そんなものは株式投資での成功とはほとんど関係ないね。僕とは正反対の戦略で投資して、我々と同じく大きな利益を上げている人たちもい……

 

さて先物はそろそろ反発が始まりそうだ。先物が反発すると盛ってきたコールは剥げ落ちてしまう。そうなる前にこの「」は返済してしまおう。

 

2020.02.13(木)22:30 全返済 欧州市場午後

 

■L120-h03-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L120-h03-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

 

全返済。やはり「プロテクティブ系は鮮度が命」、わたしにはこのような短期的なトレードが性に合っているようだ。できれば前回のトレードのように苦労をしたくない。次のタイミングを狙っていこう。

 

2003C25000 @+5枚 19.00円 → 返済 20.00円 (+5,000円)

2003M @-3枚 23710.00円 → 返済 23640.00円 (+21,000円)

今回確定損益 +26,000円

合計確定損益 +26,000円

 

前回のトレードのように苦労したくない?

 

Lv0120【プロテクティブ・コール|SQ週の(+)ガンマvs(-)セータ】+22,000円(1/2幕)
今回のレポートは少々痛々しいかもしれない。SQ週の月曜日に「プロテクティブ・コール」を組み、強烈なセータ(タイムディケイ)に泣かされながら最終売買日ギリギリまで粘ったレポート。2回に分けてお送りする。……

 

Lv0121【プロテクティブ・コール|タイムディケイの苦しみを味わえ】+22,000円(2/2幕)
前号のつづき。 2020.02.12(水)23:40 NY市場オープン NY市場がオープン。先物は小幅に上昇し24000円をロックオンしてい……
スポンサーリンク
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。以下の「関連レポート」も合わせてよろしくお願いいたします。ゑもんレポート内の「お探しもの」「4つのシリーズ」別の新着記事はサイトマップをご覧ください。ご意見・ご質問などはギルド集会所からお気軽にどうぞ。
このレポートをシェアする
Dogezaemon Uenoharaをフォローする
ゑもんレポート【オプション取引戦略編】-ブログ版-