■おしらせ/2019.09.10■ オプショントレードはコレを見ないと始まらない!「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Lv0045【プロテクティブ・コール/FOMC直前ザラ場デイトレ】+60,000円

 
Dogezaemon Uenoharaをフォローする
この記事は約3分で読めます。
“自分がトレードするマーケットを固定して、あれこれと有効な手法がないかを探し回るのではなく、特定の枯れた手堅い手法に特化して、それが有効なマーケットを探しながらトレードを続けたほうが、遥かに成功に近い” ≪長尾慎太郎≫

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018.12.19(水)10:00 プロテクティブ・コール エントリー 東京市場午前

 

 

寄り付き後にあっさりと21000円を下抜けた日経先物。昨晩のダウは反発して引けたが、東京市場は今のところ弱い。注目のソフトバンクは公募価格割れで寄り付いた。今晩はFOMC、明けて明日の東京市場は「」とイベントが多い。

 

 

IVは1%弱の盛り推移。

 


 

寄り付き後の安値20800円からリバウンド剥げ上がり局面でいつものアレ、「」をエントリー。更に剥げ上がるようなら乗せていく、いつもの作戦。毎回毎回、。だがプットの反応が鈍い今の相場、自分的には「」が取りやすいのだ。「」が効かなくなるまで何度でも繰り返しやろう。

 

2018.12.19(水)11:35 東京市場前場引け経過

 

 

21000円を挟んでの動き。

 

 

剥げるプット、盛るコール。

 


 

デルタはニュートラルのまま、両レッグがプラス評価の瞬間。両損はいつものことだが両得とは珍しい。3つ上のスマイルカーブの画像のとおり、建玉時から「0.91%」盛った「Vega43.99」を持つコール買ポジションが評価益の源泉。ペイオフダイアグラムで見ると損益曲線(現値)は上方向にスライドする。

 

2018.12.19(水)12:45 東京市場後場寄り後 全返済

 


 

後場寄り後、程よく盛ったところで全返済。次のチャンスを狙おう。「」、

 

1901C22500@+6枚38.00円 → 返済38.00円 (±ゼロ円)
1903M@-5枚21005.00円 → 返済20885.00円 (+60,000円)
損益合計 +60,000円

 

しかし「」は「万能スプレッド」ではない。なぜこのスプレッドで利益が上がるのか、仕掛けるタイミング、失敗パターンなど、過去のプロテクティブ・コールのレポートで詳しく解説しているので合わせてご確認いただければと思う。