Ep0014【セイジのコンバージョンとリバーサル】週刊トレーダーズ・トリビューン

この記事は約4分で読めます。

Ep0014【セイジのコンバージョンとリバーサル】週刊トレーダーズ・トリビューン

≪期待値が負のゲームでは、どんなマネーマネジメント理論を駆使しても絶対に勝てない。独立試行や従属試行は全く無関係に、どんなに小さな負の値でも、賭けを続ければ、敗者になる事は明白であり、どんなに大きな元手があっても、間違いなく一文無しになる。”ゼロを下回る期待値は必ず破産を迎える”、この原理は一種の警告と言えるかもしれない。≫
『ラルフ・ビンス』

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

・ラッセル・セイジ

1800年代後半に活躍した米国の投機家ラッセル・セイジは、「オプション取引の高祖」と言われています。セイジはオプション取引に於いて歴史に残る偉大な取引手法を開発し、その応用技術は現在でも多くのトレーダーに活用されています。

 

当時、鉄道株を中心に投機を行っていたセイジは、「株価」と「オプション価格」(と金利)に一定の裁定関係が成り立つことを発見しました。「コンバージョン」「リバーサル」(リバース・コンバージョン)です。

 

この発見により、オプションの値付けやコール・プット間のポジション変換が容易にできるようになり、何よりも多くのアービトラージャーがオプション市場に参入するようになり、当時は閑散としていたオプション市場で多大な流動性を生み出すことに貢献しました。

 

・コンバージョンとリバーサル

コンバージョン = 原資産(または先物)買い + コール売り + プット買い
リバーサル = 原資産(または先物)売り + コール買い + プット売り
※ただしコールとプットは同一の限月かつ、同一の権利行使価格

 

「コンバージョン」と「リバーサル」のポジション構成は上記のようになります。

 

そして「コンバージョン」の優位性は以下の公式により成立します。

 

0(ゼロ) < ( コール価格 - プット価格 ) - ( 原資産または先物価格 - 権利行使価格 )

 

原資産または先物市場とオプション市場でこの公式が成立する場合、トレーダーは「コンバージョン」を仕掛けることを考えるべきです。

 

なぜならこの合成ポジションは、上記の式の利益分を確保したままデルタや他のグリークスを打ち消している裁定ポジションだからです。「リバーサル」の場合は、上記コンバージョンの逆となります。

 

ぜひで「コンバージョン」と「リバーサル」のポジションを組んでみてください。グリークスはフル・フラットとなり、それは満期まで変動しません。

 

同じ理屈によりも説明することができます。

Ep0009【(2)デルタ~オプションの世界へようこそ~超簡単に必須グリークを解説】週刊トレーダーズ・トリビューン
"前の日、小麦はストップ安で引けて僕はデルタ・ショートのオプション・スプレッドを持ち越しました。その日も儲けを期待してミッドアメリカン取引所に行きました。そして寄り付きの2分前に第一報が入り、小麦はストップ高で始まりました。頭に描いてい...

 

・アルゴリズムが瞬時に取っていく

上記のように「コンバージョン」や「リバーサル」を実行することで、利益が生まれる仕組みは単純です。現在もしマーケットにこのような裁定の機会が生じれば、瞬時にアルゴリズムが取っていきます。またこの場合、注文スプレッドや手数料で消えてしまうほど利益は小さく、現実に個人投資家が実行することは難しいでしょう。

 

逆を返せば、コンピューター取引による強力な裁定が働いていることで、安定したオプション市場が供給されていると言えるでしょう。

 

・「フルヘッジ・ベア・シンセティック」と「フルヘッジ・ブル・シンセティック」

さて、上記の「コンバージョン」と「リバーサル」のポジション構成ですが、コールとプットの権利行使価格をOTMにずらすと、それぞれ」「となります。

 

シンセティック系は安定感があるスプレッドです。レンジ相場での「スマイルカーブの変化」から、手堅く取りたいときに活用される有用なスプレッドです。

 

レンジ下限ではしてきたスマイルカーブを逆張りし、今度はとなることを期待して「」を組みます。

 

レンジの上限ではしてきたスマイルカーブを逆張りし、今度はとなることを期待して「」を組みます。

 

これが「」と「」の基本的な考え方です。「」、スマイルカーブのシーソーゲームです。

【IVスライド効果】Lv0060【プット・バック・スプレッドで米国三連休前のプット盛りを狙うも盛らず】+10,000 JPY

 

実践的にはそのときの地合や相場観、トレーダーの好みでグリークスにウエイトを付けて組まれることが多く、必ずしもコール・プットがデルタ対称であったり、ポジションサイズが1:1である必要はありません。

 

」と「」は、セイジの「コンバージョン」と「リバーサル」の変形スプレッドとも言えるでしょう。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。次号もお楽しみに。