■おしらせ/2019.08.16■ ゑもんレポート「4つのシリーズ」別の新着記事は【サイトマップ】からどうぞ。

週間トレーダーズ・トリビューン

週間トレーダーズ・トリビューン

Ep0045【「コロイ」シーズン1/第05話-古典的トレンドフォロー手法】

(目次ページへ戻る) ■現在参加しているマーケットを教えてください。 □GBPJPYです。 ■ほかには? □他にはやっていません。 ・ポンド円 ■なぜGBPJPYなのですか? □自分の憧れの某人がGBPJPY専門のトレーダーだったんですよ...【つづきを読む】
2019.08.13
週間トレーダーズ・トリビューン

Ep0044【「コロイ」シーズン1/第04話-1か月でトレード資金は倍に】

(目次ページへ戻る) ■お子さまはいらっしゃるのですか? □ええ、3人。上から中学校1年生、小学校4年生、そして2年生。男、男、女です。 ・相場は人生の縮図 ■かわいいですね! □ありがとうございます(笑)。休みの日はなるべく遊びに連れて行くようにしています...【つづきを読む】
2019.08.13
週間トレーダーズ・トリビューン

Ep0043【「コロイ」シーズン1/第03話-トレードと家族】

(目次ページへ戻る) わたしは「インタビューとはいっても自然体で会話をすることが重要だから、普段どおりにリラックスした状態で臨んでもらいたい」と伝えた。彼はわかったと言いながらもなかなか緊張が解れないようだった。 ・雑談形式に変更 このままではインタビューを断られてしま...【つづきを読む】
2019.08.13
週間トレーダーズ・トリビューン

Ep0042【「コロイ」シーズン1/第02話-粉雪の舞う仙台へ】

(目次ページへ戻る) 2010年3月28日、日曜日の早朝、わたしは東京駅の新幹線ホームにいた。仙台でのミーティングに向かうためだ。前日は深夜まで東京でミーティングが行われていたため、ひどく寝不足の状態だった。 コミュニティを通じて、仙台で凄腕のシステムトレーダーの誕生を予感し...【つづきを読む】
2019.08.13
週間トレーダーズ・トリビューン

Ep0041【「コロイ」シーズン1/第01話(目次)-生粋のシステムトレーダー】

今回から連載していくレポートは、システムトレーダーとして現役で活躍する「コロイ」氏にインタビューを行ったものである。実は彼は以前の「3.11東日本大震災の一週間」というレポートにも登場している人物だ。 2010年、当時4500名を抱えるFXコミュニティの内部向けとして編集されたインタビュー...【つづきを読む】
2019.08.19
週間トレーダーズ・トリビューン

Ep0040【ハッチの法則-1つのテクニカル指標と長く付き合う】

古い相場の本を読んでいると、まったく様々な賭け方があるのだなぁと、先人たちの残してくれた知恵に驚かされます。同時に彼らの相場に対する探究心の深さと、その献身さには感服します。 サイラス・ハッチ(1821-1890)は、ジェシー・リバモア(1877-1940)の2世代前に生きたアメリカの株式相場師です。彼は...【つづきを読む】
2019.08.13
週間トレーダーズ・トリビューン

Ep0039【コール爆騰!民主野田首相、突然の衆院解散を表明、12月総選挙へーオプション取引あさぎうらの記憶】

今回のレポートは「あさぎうらの記憶」シリーズ。民主党政権時の日経平均株価は一貫して低迷、散々なものでした。3.11(東日本大震災)を除き、一日の値幅は20円程度が普通でした。 3.11(東日本大震災) そんな相場が長らく続くと、安易に考え付くオプション戦略の一つは「裸売り」で...【つづきを読む】
2019.08.13
週間トレーダーズ・トリビューン

Ep0038[連載06]【アジア通貨危機、ロシア危機とLTCM破綻、9.11アメリカ同時多発テロ事件】

(目次へ戻る) (前号のつづき) “LTCMの創業者たちが信じる市場では、外れ値やファットテール現象や予想外の事件はなく、完全な正規分布をしていた。彼らの問題はこれらの仮説を認めた瞬間から始まっていた” <LTCMの破綻> ドル円史上最高値 ...【つづきを読む】
2019.08.13
週間トレーダーズ・トリビューン

Ep0037[連載05]【日本のバブルの頂点と崩壊、ポンド危機とソロスのポンド売り】

(目次へ戻る) (前号のつづき) "ドル/マルクで10億ドルのショート?それでポジションのつもりか?今すぐ倍売るんだ。取引に大きな自信を持っているなら、相手の息の根を止めに行くべきだ。そのためにいくらでもポジションを取るんだよ。ヤらなきゃこっちがヤられるんだ。わか...【つづきを読む】
2019.08.13
週間トレーダーズ・トリビューン

Ep0036[連載04]【プラザ合意、竹下登大蔵大臣発言、ブラック・マンデー】

(目次へ戻る) (前号のつづき) "特に分かりやすい例はブラックマンデーだ。この日、これといったニュースが伝えられた訳でもないのに、市場は23%も下落した" <ロジャー・ローウェンスタイン> プラザ合意 1985年9月22日(月)、当時...【つづきを読む】
2019.08.13