🔴オプショントレードはコレを見ないと始まらない!日経225オプションIV「スマイルカーブ」をYouTubeでLIVE配信中!【チャンネル登録】も忘れずに!

Pr2109【日々更新】つぶやき録⑧2021.09MSQ明け~2021.10SQ【日経225オプション目線】

 
ゑもん。をフォローする
ギルド集会所
この記事は約8分で読めます。

日経225オプション目線の【つぶやき録】。このページは2021.09.13(2021.09MSQ明け)2021.10.08(2021.10SQ)までとなります。他の期間については以下の目次ページから辿ってください。

 

Pr0006【もくじ/日々更新】市況つぶやき録①2020.07~2020.09MSQ【日経225オプション目線】
日経225オプション目線の【市況つぶやき録】。このページは2020.07.20~2020……

 

(参考リンク)

 

 

スポンサーリンク

2021.09.13(月)【09MSQ明け、新限月始動】

 

2021.09.13スマイルカーブ

2021.09.13チャート15m

 

09MSQ日明け、月曜日の東京市場がクローズ。先物は+120円ほど。スマイルカーブは緩やかな「」、ATMのIVは18%台と変わらず。期近の残存は16.75営業日、期先の残存は40.75営業日。

 

さて、巷では「暴落の秋」などと言われ、マーケットの占い師たちは9月・10月暴落説を唱えている。常に(まさかに)備える、が基本姿勢である我々オプション・トレーダーにとっては、「ハイハイ、また暴落説デスネ、りょーかいデース」と軽く聞き流しており、あえて構えることもないと思う。イチオウ、「」を確認しておこう。

 

2021.09.13時間的影響を排除したスマイルカーブ

 

(参考レポート:常に(まさかに)備える)

 

Ep0064【「KEN」第01話(目次)-ベテランの日経225先物オプショントレーダー】
この物語は2011年2月に書かれた古いレポートである。2011年と言えば我々日本人にとっ……

 

 

(参考レポート:「」)

 

Sc0006【スマイルキャッチャーsc0.6系/時間的影響を排除したスマイルカーブの解説と実装方法】
ここでは「スマイルキャッチャー」で要望の多かった「時間的影響を排除したスマイルカーブ」の……

 

ATMのIVは18%台の平時運転、そして「」の期近と期先はピタリと重なっており、オプション・マーケットは中立であることが読み取れる。中立ということは、目先(や次限月)は混乱しそうとも、しなさそうとも教えくれていない。つまり現時点では「わからない」ということがわかる。オプション・マーケットが「わからない」と言うのだから、やはり(現時点では)暴落説などを過度に気にしてポジションを対応スプレッドに全振りする必要などはないと思う。

 

ちなみに、期近10月限と期先11月限のSQまでの残存営業日の差は24日間あり、通常よりも長い。これは期近10月限には休日が2日間含まれているからだ。そしてこの9月の休日がある週は「」と「」イベントが控えている。だから期近のスマイルカーブはイベントを通過するまで剥げにくい(過大評価されやすい)環境にあると言える。

 

限月間サヤを狙ったスプレッドだけでなく、全てのオプション・ポジションを考えるとき、こういったマーケット環境を勘案し「」を読み解いていくと良いだろう。

 

スポンサーリンク

2021.09.14(火)【先物+150円】

 

2021.09.14スマイルカーブ

 

火曜日の東京市場がクローズ。所用のために先物チャートの記録できず。先物は+150円ほど。スマイルカーブは昨日と同様に緩やかな「」、ATMのIVは17%台まで低下。期近の残存は15.75営業日、期先の残存は39.75営業日。

 

スポンサーリンク

2021.09.15(水)【日経平均31年ぶりの高値30700円タッチ】

 

2021.09.15スマイルカーブ

2021.09.15チャート15m

 

水曜日の東京市場がクローズ。先物は-100円ほど。スマイルカーブは1%弱の全剥げ、ATMのIVは17%前後まで低下。期近の残存は14.75営業日、期先の残存は38.75営業日。特筆すべき内容はないが一応、日経平均は31年ぶりの高値30700円をタッチ。

 

2021.09.16(木)【チャイナショック再来か】

 

2021.09.16スマイルカーブ

2021.09.16チャート15m

 

木曜日の東京市場がクローズ。先物は-120円ほど。スマイルカーブはプットが微盛り、ATMのIVは17%前後と変わらず。期近の残存は13.75営業日、期先の残存は37.75営業日。

 

特筆すべき内容はないが、マーケットでは再びチャイナショックが意識され始めている。東証の都合で明日金曜日の日中取引が終わるとNSから月曜日(敬老の日)まで休場となる。さらに来週は木曜日(秋分の日)も休場、相変わらず休場が多くカレンダー的にやりにくい環境だ。

 

東京の休場期間中にもチャイナショックが起きる可能性が指摘されている。しかし9月13日(月)に書いた「」を改めて確認すると、期近・期先のサヤの状況に変化はなく、オプション・マーケットではチャイナショック再来の危機感は感じられない。

 

だからチャイナショックが起きる起きない無関係に、この後NSから明日の東京市場が終わるまでスマイルカーブは剥げにくい展開だろう。そして(何も起きなければ)三連休明けは「」剥げ、という毎度のパターンとなりそうだ。

 

よって「」(前段プレイ・後段プレイ)を狙いにいけそうな「」の読み方となるが、今回は後段プレイは避けた方が良さそうだ。なぜなら後段プレイのポジションは、「オプション・ショート」(ベガがショート)のスプレッド、もしくは「・バック・スプレッド」か「」となるからだ。

 

まず三連休中に「オプション・ショート」のスプレッドを持ち越す戦略は、まずナイ。これは「」であり今回のチャイナショック再来の件に関わらず、「オプション・ショート」を抱えて週末を過ごす、なんて地に足がつかないオペレーションをやっていると、(その場では儲かるかもしれないが)いつか必ず(必ず=まちがいなく、きっと、確かに)「」に人生ごと持って逝かれる。

 

・バック・スプレッド」か「」は、スマイルカーブが立つ方向の「」が起きて初めてWINできる。つまり中の売玉が剥げる(盛らない)か、外の買玉が盛る(剥げない)必要がある。前段の盛り方によって、三連休明けの「」剥げでは中から大外(FOTMプット)まで巻き込んで剥げる可能性があり、今の時点では勝算があまり見えない。

 

明日の東京市場で中だけ(ATM付近だけ)大盛りしたら「・バック・スプレッド」か「」はアリだと思うが、中だけ大盛りなんて都合の良い展開の可能性は少ないと思う。

 

2021.09.17(金)【今晩NS~月曜日まで東京休場】

 

2021.09.17スマイルカーブ

2021.09.17チャート15m

 

金曜日の東京市場がクローズ。先物は-100円ほど。スマイルカーブはプット()が+1%、コール()は+0.5%の盛り、ATMのIVは17%台まで微盛り。期近の残存は12.75営業日、期先の残存は36.75営業日。

 

昨日書いたコメントのとおり、連休警戒盛り(イベント盛り)が起き、「」(前段ポジション)で抜くことができたと思う。今晩NSから月曜日まで東京市場は休場となる。

 

2021.09.21(月)【3.5連休明け-700円の-2.3%】

 

2021.09.21チャート15m2021.09.21スマイルカーブ

 

3.5連休明けの火曜日、東京市場がクローズ。先物は-700円(-2.3%)ほど。スマイルカーブは+1~2%の全盛り、ATMのIVは21%台まで上昇。期近の残存は11.75営業日、期先の残存は35.75営業日。

 

連休明けの東京市場は寄り付きで大きな下窓を空け、その後は脳震盪を起こして停止状態。NSの様子も良く観察していこう。今週は明日水曜日に「」がWで控え、さらに木曜日はまた祝日で東京市場は休場となっている。

 

2021.09.22(火)【BOJ、大規模緩和を維持】

 

2021.09.22スマイルカーブ

2021.09.22チャート15m

 

水曜日の東京市場がクローズ。先物は-150円ほど。スマイルカーブは+1~2%の「下げの全盛り」、ATMのIVは22%台まで上昇。期近の残存は10.75営業日、期先の残存は34.75営業日。

 

昨日に引き続き、先物続落でIVも追加盛り。今晩NSのNY市場午後には「」が控えているが、明けて東京市場は休場となる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。以下の「関連レポート」も合わせてよろしくお願いいたします。ゑもんレポート内の「お探しもの」「4つのシリーズ」別の新着記事はサイトマップをご覧ください。ご意見・ご質問などはギルド集会所からお気軽にどうぞ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゑもん。をフォローする
ゑもんレポート【日経225オプション取引戦略編】-ブログ版-